ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

韓国が「反日」でありたがる理由とは

韓国が「反日」でありたがる理由とは
 このところ、韓国の「反日」が激しさの度合いを増している。
 過激な反日デモを繰り返し、国を挙げて日本を批判し、いわゆる「恨み千年論」(日本と韓国の加害者と被害者という歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わることはないと云った言説)を繰り返すなど、あまりの「反日」具合に、戸惑っている人も多いのではないだろうか。
 そんな韓国の「反日」の風潮について詳しく解説しているのが『どの面下げての韓国人』(豊田有恒/著、祥伝社/刊)だ。
 ここでは、本書をもとに、なぜ韓国が「反日」でありたがるのか考察してみたい。

 善意を向ければ、かえって「反日」の度を増し、欲求をエスカレートする韓国。民主党政権のもとで「朝鮮王朝儀軌」(李朝の絵巻物)を韓国に返還した際に、かえって反日の風潮が高まり、ついに大統領自ら竹島に上陸したことも記憶に新しい。
 こうした国民性は、著者の豊田氏によると、韓国の歴史事情によって形成されてきたものであるという。
 朝鮮半島はアジア大陸の東に突き出た半島だ。中国の歴代王朝、そして中国本土を支配した異民族王朝は、時代による大小の差はあれ、ほとんどの歴史時代にわたって朝鮮半島を支配してきた。
 また、中国と朝鮮半島の間には満州(現代の中国東北地区)が介在するため、周辺の諸民族も介入した複雑な民族抗争に巻き込まれたことも少なくない。
 豊田氏によれば、有史以来、朝鮮半島が異民族に侵入された回数は、なんと960回。そのような歴史状況下にあって、韓国は「文化も風習も言語も異なる異民族に、通常の理屈は通用しない。下手に非を認めようものなら、殺されかねない。非を決して認めず、相手の非にはあくまでつけこまなければいけない」という姿勢を自然と身に付けていったのかもしれない。

 韓国が、国益を無視してまで反日の姿勢を取るのは、「マスターベーションのようなもの」でしかない――豊田氏はそう断言する。
 歴史の悲惨さを強調し、正統性を叫びたてれば、ある種の達成感・高揚感は得られるかもしれないが、たとえば、韓米会談の際に、アメリカの副大統領に対して延々と日本を批判する言説を述べ続けるといった姿勢は、常軌を逸している。

 日韓関係はもはやきれい事だけでは通用しないと豊田氏は主張する。
 根拠のない反日には「大人の対応」を取るのではなく、はっきりと反論する。そうした姿勢を取ることで、一時的には摩擦も増大し、関係も悪化するだろうが、長い目で見れば両国の関係は好転していくはずである。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
韓国・中国の反日思想に見るデタラメな歴史観
パクリ大国・韓国の大暴走
「韓国につける薬はない」倉山満氏インタビュー

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy