ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PCに接続すればすぐにネット公開できる!モバイルスキャナ『ScanBit MFS-60』

ScanBit MFS-60

エグゼモードは、モバイルスキャナ『ScanBit MFS-60』を4月24日より順次発売します。パソコン不要でスキャンできるスタンドアロン機でありながら、パソコンに接続すればスキャンしたデータをすぐにインターネット上で公開できる、新感覚のクラウドスキャナです。

『ScanBit MFS-60』は、2.4型カラーモニタ付き、最大300dpi対応の高速なモバイルスキャナ。名刺サイズからA4サイズの書類まで、パソコンに接続しなくても写真や書類をボタン一つでスキャンし、その場で画像を確認できます。また、エグゼモードでは、デジタルカメラ、ビデオカメラにおいて、デジタル家電をクラウドストレージ化するソフトウェア『ServerMan mini』に対応していましたが、今回は新たにスキャナにも対応しました。

『ScanBit MFS-60』には、『ServersMan mini』専用SDカード(2GB)をバンドル。スキャナ自体をストレージとして利用できるため、『ScanBit MFS-60』に挿したSDカード内のスキャンデータを特定URLからアクセス可能。スキャンした画像やドキュメントをメールに添付したり、外部ストレージサービスを使わずに簡単にデータを共有できるほか、『YouTube』『Flickr』などの動画・画像共有サイトにもアップロードできます。

サイズは、W300×D86×H56mm(突起部除く)、重さは、560g(付属品除く)。AC電源アダプターあるいはUSBバスパワーで駆動します。予想販売価格は1万4800円(税込み)です。
 
 

■関連記事
パソコン不要! SDカードに写真や名刺を保存『ハンディワンタッチスキャナー』
どこでも使える! 手のひらサイズのUSB名刺スキャナ『YASHICA S80』
持ち歩いて使おう!ドキュメントスキャナ『ScanSnap S1300』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。