ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【田舎に泊まらない】秋田県では『ドラクエ3』が発売日に売られなかった

『田舎に泊まらない』は、田舎で起きた田舎ならではの田舎ニュースをお伝えいたします。今回は秋田県で発生した、『秋田県では『ドラクエ3』が発売日に売られなかった』をお話しましょう。

ファミリーコンピュータ用ソフト『ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…』(以下、ドラクエ3)は、1988年2月10日(水曜日)に全国でいっせいに発売されました。……秋田県などの田舎を除いては。

民放が2局しかない情報過疎地の秋田県でも『ドラクエ3』が発売される日にちは、ファミ通やテレビなどでキャッチしていました。秋田駅前のイトーヨーカドーには「秋田県にもこんなに子どもたちがいたんだ」というほどの行列ができました。雪が降り積もっており、かなり寒いですし、地面がとても滑ります。

早朝6~7時にもなると、秋田よりもさらに奥地の村から多くの子どもたちがイトーヨーカドーにやってきました。どんどん行列ができていきます。

しかし、午前10時になる前だったでしょうか、拡声器を持った男性が現れてこう言いました。「整理券を渡すだけで、発売は明日になりまーーす! どうぞお気をつけてお帰りくださーい!」。秋田県では、発売日に『ドラクエ3』が発売されなかったのです(購入できた方はラッキー)。

意気消沈の子どもたちは翌日、学校に行く前にイトーヨーカドーに出向いて『ドラクエ3』を手にして学校へと向かったのでした。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき