ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミクロマンアーツシリーズに『ラブライブ!』が参戦! 可動フィギュアでミュージックスタ ート!

IMG_3394

1974年に誕生し今年で生誕40周年を迎える、日本における可動フィギュアの祖“ミクロマ”シリーズ。小さなボディながら自由なポージングを可能とした可動ギミックは、今なお多くの支持を集めている。今回タカラトミーアーツがホビー市場へ再参入するにあたり、長年フィギュア製作で培ってきた“アーツらしさ”と可動フィギュアブランド“ミクロマン”の魅力を融合させ、新たな可動フィギュアシリーズ『ミクロマンアーツ』が誕生した。
最大のポイントは“女性ボディ”へのこだわり。女性らしいフォルムの再現を追求した結果、軟質素材を使ったシームレスな関節を完成。これにより、美しいボディラインと“ミクロマン”ならではの可動域の両立を実現した。

今回紹介するのはミクロマンアーツ『ラブライブ!』『project 575』。どちらも人型の女性キャラクターであるが、可動フィギュア独特のメカニカルな感じは控えめで、女の子らしくかわいい仕上がりとなっている。

raburaibu1 IMG_3408 IMG_3282 IMG_3384

「にっこにこに~」

IMG_3370 IMG_3408 IMG_3415 IMG_3424 ラブライブ

ポージングが自由にできることから、特に『ラブライブ!』の可動フィギュアはファンにとってうれしいグッズといえるだろう。9人揃えて眺めたり、学年やユニットごとに組み合わせたりと色々とこだわった遊び方が楽しめそうだ。

IMG_3247

『project 575』からは正岡小豆と小林抹茶がミクロマンアーツに。

9日に開催されたワンダーフェスティバル2014[冬]でも初めて一般公開された『ミクロマンアーツ』。『ラブライブ!』は今春~秋に、『project 575』は今春発売予定。他にも『艦これ』など話題のコンテンツが続々登場予定だ。

ミクロマンアーツ公式サイト
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/hobby/ma/

(C)TOMY
(C)2014 DMM.com / KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.
(C)SEGA

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。