ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最後は全員で広末名曲をコラボ! 〈T-Palette感謝祭 2013〉レポ

 

 

タワーレコードのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉の所属アーティストが一堂に会するスペシャルなお祭りとして、12月15日に東京・ラフォーレミュージアム六本木にて開催したライヴ・イヴェント〈T-Palette Records感謝祭2013〉。ここではそのレポートをお届けします!

 

バニラビーンズ

 

過去最多となる9組の所属アーティストが参加した今回の〈Tパレ感謝祭〉。進行役はいつも通りプロ・インタヴュアーの吉田豪氏とタワレコの代表取締役社長・嶺脇育夫が務めます。トップを飾ったのは、レーベルの第1弾アーティストとして立ち上げ時からいっしょに歩んできたバニラビーンズ。お馴染みのSEで幕を開けたステージは、エレクトロ・テイストのダンサブルな“Night on the Earth”から始まり、人気のシングル曲“マスカット・スロープ・ラブ”、軽妙なメロディーが爽やかに駆け抜ける“サブカルガールまどか”、キュートなポップンロール“プリーズミー・ダーリン”と展開していきます。最後は柔らかな雰囲気の“サマーバケーション”でしっとりと締め括りました。

 

キャラメル☆リボン

 

お次は、今年からTパレに仲間入りした関西を拠点に活動する3人組、キャラメル☆リボンの出番。レーベルからの第1弾シングルとなった“スタートリボン”とそのカップリング曲“ALL NEW FEELIN’”、そしてデビュー曲“虹色”の3曲を元気いっぱいに披露しました。トークでは、メンバーの上野天音が舞台そでに引っ込んだかと思うと、付けヒゲ姿で再登場。彼女の父親の〈天太郎さん〉という設定らしく、吉田氏と嶺脇社長を交えてのユニークなやり取りで会場の笑いを誘っていました。関西出身らしいトークの切れ味は流石です!

 

T-Palette mini All Stars

 

ここで、この日限りとなる〈T-Paletteスペシャルコラボユニット〉の第1弾として、アプガの佐藤綾乃と仙石みなみが主演したホラー映画「讐~ADA~」のテーマ曲を歌う限定ユニット〈T-Palette mini All Stars〉が登場! バニビ、アプガ、リリスクのmei、キャラメル☆リボンが集結し、シングル・リリースもされたテーマ曲“Bad blood”を熱唱しました。なんでも本格的なライヴ・ステージでこの曲を披露するのは今回が初めてだったようです。

 

ワンリルキス

 

続いては、声優の古木のぞみ、藤村鼓乃美、三上遥香、森千早都から成るワンリルキス。彼女たちも今年からレーベルに参加しているので、今回が初の〈Tパレ感謝祭〉出演になります。ライヴでは、曽我部恵一が楽曲提供したことでも話題を呼んだ“忘れられないよ”と人気のシングル曲“恋してほしくて”、60年代末に活躍したGSバンドのオックスによる名曲“ダンシング・セブンティーン”のカヴァーをパフォーマンス。声優ならではのキュートな声質を活かした歌唱で、オーディエンスを魅了しました。

 

ライムベリー

 

4番手は、メンバーのHIMEが一時休養していたため、実に4か月ぶりのステージとなったライムベリー。初っ端から機材トラブルに見舞われたもののすぐに立て直し、ブランクを感じさせないパフォーマンスで会場を巧みに盛り上げていきます。この日はTパレからのシングル曲“SUPERMCZTOKYO”を皮切りに全6曲を披露。3MCが入れ替わり立ち代わりでパンチラインを連発する見事なマイク捌きと、オールドスクールのノリを感じさせるファンキーなサウンドによって、会場を熱狂の渦へと叩き込みました!

 

メモリーズ

 

お待ちかねの〈T-Paletteスペシャルコラボユニット〉第2弾は、NegiccoのKaede、リリスクのayaka、しず風&絆~KIZUNA~の晴子、キャラメル☆リボンの上野天音による〈メモリーズ〉。上野天音が〈あまちゃん〉と呼ばれていることにあやかってか、2013年を代表するドラマ「あまちゃん」より大ヒット曲“潮騒のメモリー”を歌って喝采を浴びます。

 

NA-NA

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。