ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲーム業界各社決算まとめ – 2013年秋

ゲーム業界各社決算まとめ - 2013年秋

今回はりくぜんさんのブログ『当たり判定ゼロ』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/459969をごらんください。

ゲーム業界各社決算まとめ – 2013年秋

ここだけの話、10年前、うちの冷蔵庫から織田信長と名乗るおじさんが出てきたんですよ。
本当にあの織田信長なのか、証拠もなく私も正直初めは信じていませんでした。信長さんは妙に時代がかった話し方をする人でしたが、私の遊んでいるゲームを見ると「わしにもやらせい!」とコントローラーを奪い、その後は順調なゲーマー人生を歩んでいかれました。特に自分の名を冠したコーエーの信長の野望がお気に入りで、何度も何度もプレイしていました。ところがある日、いつものように信長の野望をプレイ中、突然「佐久間ァ!てめぇこの野郎ふざけんじゃねぇぎゃあ!」と叫び、冷蔵庫の中に姿を消してしまったのです。

あれから10年。そんなことがあったことも忘れ、GTAでトレバーを使い、ロスサントスのコンビニからお金を徴求する仕事に勤しんでいたところ、再び冷蔵庫が勝手に開いたのです。中から寝間着で現れた信長さんは、私を認識すると「2年ぶりであるな」と言って笑いました。

信長さんに、スマホという新しいプラットフォームが現れたこと、買いきりじゃなく課金アイテムという新しい遊び方が現れたこと、変わってしまった現代のゲーム事情を説明しました。プラットフォームについては理解を示した信長さんですが、課金アイテムの存在には大層言葉を荒くされていました。
「のう、先にわしが来たとき、公共広告機構のコマーシャルメッセージで『時間はすべての人間に平等である』というフレーズを見た。これは、わしの好きな敦盛の『人間五十年』に通づるものがある。未来にも同じ考え方が息づいていると思い、安心したものだ。すべての人間は、天から与えられた時間の中で成すべきことを成さねばならん。わしがこの時代でゲームを愛したのは、時間の前にすべての人間は平等であったからだ。わしのような英雄も、お主のようなボンクラも同じ条件の元で競い、遊ぶ。これ以上素晴らしいものが他にあろうか。未来の者どもはそれを理解していると思ったのだが、そうでなかったのが残念であることだ」そう言い残して信長さんは、大判金を懐から取り出し、田中貴金属工業に駆け込んで100万円を手にすると、パワプロでオールAの選手を作る作業に取り掛かっていました。言っていることとやっていることがぜんぜん違うじゃねぇか……。この状況への適応力……。
このとき初めて私は、この人は本物の織田信長であると確信したのです。

信長さんは、その後もデッドライジングなどを遊びつつ、わりと現代を堪能してのんびりくつろいだ感じで、さすがに「いいのかなこれ」と私も心配したものですが、ある日ネットサーフィン中に「そうか、わしもそろそろ帰らねばなるまいな。キンカンも待っておろう」と寂しそうに言い残し、再び冷蔵庫の中に消えていきました。残されたPCの画面には、東京ガスのCMがYouTubeでリピートされて流れていました。それが信長さんを見た最後です。今でも、あの冷蔵庫が勝手に開く時があるのではないかと時々思うことがあります。

まるで作り話みたいな話で、実際全部作り話なんですが、読み飛ばしていただけましたでしょうか。

ここからはいつもの決算まとめです。
それぞれ企業ごとに決算期が違いますので、整理の基準をお伝えすると、2四半期以上経過したものについては、左から、2年前決算、1年前決算、今期直近期、昨年同期の4つを記載しています。
一方、半期が経過していない会社は、左から3期前決算、2期前決算、直近決算とし、最初の四半期が終わっていれば最初の四半期を、終わっていなければ来期予想を一番右に掲載しています。

バンダイナムコホールディングス(半期)

ゲーム業界各社決算まとめ - 2013年秋

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/11/213.jpg

ただ業績好調を続けるだけでなく、「無料で遊べちまうんだ!」という笑いを隙あらばとねじ込んでくるあたり、さすがエンタメ業界の老舗といった貫禄を漂わせます。遊べちまうんだの何が悪かったって、宣伝なしにジョジョファンにぶつけてきたところでしょうね。そりゃ金払ってゲームを買って、好きなだけ遊べると思ったら更に金を払えなんて誰だって怒りますよ。いつもどおり訓練されたプロデューサーたちに投げつけてきたなら、当たり前のように金を払ったというのに。まったく。

時間があれば書こうと思ってるんですが、スタドリの流通量から見てもモゲマスの課金量も減ってる感ありますし、無料で遊べちまうんだでいくら稼いだかわかりませんが、男塾には警戒する人も少なからず出てくるでしょうし、期末以降の材料はどうかなーといったところ。
無料でちょっと遊ばせてもらった感想としては、一撃の攻撃力が低い感があって一戦一戦が間延びした印象。上手い人だと全然違うんですかね。ジョイヤーからしゃがみで小パン擦ってきてワンチャンで持っていく感じですかね。格ゲー下手なんで、うちのワムウはかなり挙動不審な動きをしていて、どこか精神的に病んでいる感があって見てて辛いところがありました。

セガサミーホールディングス(半期)

ゲーム業界各社決算まとめ - 2013年秋

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/11/39.jpg

セガサミーが好調なときはサミーが好調なんだなと思っておけばだいたい間違いないです。中長期の展望として、サミー700億、セガ200億、その他100億で計1,000億の営業利益を目標に掲げているのですが、サミー700億のほうがいけそうな気がするのが不思議。とはいえ、決算発表資料の中に警察庁と矢野総研の調査資料があるのですが、それによればパチスロの1台あたり年間回転数もここ3年ほど毎年20%前後の下落を続けており、結構な落ち込みがあるように見えます。ゲーセンですらせいぜい5%とかですからね。それでもこれだけの利益を未だに計上できるのだから、我が国の伝統的搾取商売としての力強さを感じます。凋落著しい今のソシャゲ搾取モデルも、パチスロの例を見ると、利益率を落としつつも粘り強く生き残っていくんじゃないかなと思うんですよね。

1 2 3 4 5 6次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy