ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ネギマガ】記念すべき『figma』200体目の『初音ミク2.0』を入手! より可愛くなってマジ天使

figmaシリーズが200体達成しその記念すべき200番目は『初音ミク2.0』となった。初音ミクはfigmaの14番目としてリリースされ、絶大な人気フィギュアとなった。ネギにマイクスタンド、複数のフェイスにツインテールまで再現された完成度の高い作品。記者ももちろん購入。

その後もライブバージョンやアペンドバージョンなどの初音ミクfigmaが発売されてきた。そんな初音ミクのフィギュアが2.0となりバージョンアップしたのである。今度は表情パーツが2種類から3種類に、そしてマイクスタンドのほかにギターや天使の羽根も追加されたのである。そんな『初音ミク2.0』が早速届いた。

こちらは今年の2月に開催されたワンフェスで発売が発表された製品。このときは「初音ミクver.2」と名付けられていたが、最終的に『初音ミク2.0』に落ち着いたようだ。

手のパーツは左右会わせて14個、表情は通常とウインク、照れ表情の3種類、そしてマイク&マイクスタンドにギター、背中に付ける天使の羽根である。髪の毛は前回のfigmaよりやや透明感がある感じする。今回も関節部分が動かせるので多少変わったポーズもさせることができる。

少し顔が前のめりになっているのが気になったが、これは自分の物だけなのか元々の仕様なのだろうか。

こういうアクションフィギュアの醍醐味はなんと言ってもポーズを変えて楽しめることだ。今のポーズに飽きたら新しいポーズにしてまた楽しむ。まさにこれである。良いポーズを作るのは至難の業だが、是非各々良いポーズを作ってみて欲しい。また旧figma014『初音ミク』を持っていない人は合わせて買ってみては如何だろうか?

ちなみにパンツの色は……ひみつである。

【ネギマガ】Androidの『GoogleMap』のナビ音声を初音ミクに変えるアプリが登場!

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。