ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TOYフォーラム2010】『マリオカート』の世界を『チョロQ』でリアルに完全再現!

toyforum_mario_1

2010年最初のおもちゃ合同商談会となる『TOYフォーラム2010』が1月18日から2日間、東京国際フォーラムで開催されています。タカラトミーは、人気商品『チョロQ』のボディ(車体)とシャーシ(車台)を組み合わせて遊べる『チョロQハイブリッド!』の新製品として、人気ゲーム『マリオカート』のゲーム世界をリアルに再現できる『チョロQハイブリッド! マリオカート Wii』のシリーズを出展しました。6月に発売となる新製品。人気おもちゃと人気ゲームのコラボレーションは、どんなものになるのでしょうか?

『マリオカート』は、人気キャラのマリオやワリオ、クッパなどがカートに乗り、相手を妨害できるアイテムを駆使してデッドヒートを繰り広げる任天堂のレースゲーム。第1弾のスーパーファミコン版からさまざまなゲーム機に展開し、最新版は2008年にWii版でリリースされている人気のシリーズです。タカラトミーの『チョロQハイブリッド! マリオカート Wii』は、最新版の『マリオカート Wii』をテーマに、そのゲーム世界をリアルなレースゲームとして楽しめる製品となっています。

2台のリモコン操作が可能な『チョロQハイブリッド!』を専用コース上でレースさせるのですが、レース開始直後にコントローラー上でLEDのルーレットが開始。止まったアイテムを使ってレースを有利に進めることができます。アイテムを使ったり、一定時間アイテムを使用しないとアイテムは消滅し、再度レース中にルーレットが開始する仕組み。

カメの“こうら”を前方の車に発射すると、相手の車は前後に振動。後方の車に“バナナ”を発射すると、相手の車はスピンします。“キノコ”を使うと、自分の車がスピードアップ。“サンダー”を使うと相手の車が一定時間停止し、“スター”を使うと一定時間無敵になり、前後の車を攻撃できます。『マリオカート』のゲームそのままの白熱したレースがリアルに遊べてしまうのです。

toyforum_mario_2

この遊びを実現したのが、今回新たに追加された『VSシャーシ』。赤外線によるリモコン操作ができるのはもちろんのこと、車の前後に赤外線を発射できる仕組みにより、アイテムの使用が可能になっています。

toyforum_mario_3

リモコンには『チョロQハイブリッド! リモコンタイプ』の操作系統に加えて、アイテムのLEDルーレット、アイテム使用のボタンが追加されています。

toyforum_mario_4

製品構成は、赤外線バンドが異なる『チョロQハイブリッド!』2台とリモコン2台にマリオとヨッシーの車体をセットにして、すぐにレースを始められる『VS 2台セット』が5460円(税込み)。コース部品は別売りですが、地面や紙に描いたコースなど任意のコースでもレースを楽しめます。

toyforum_mario_5

赤外線バンド別にマリオ、ワリオ、クッパから車体を選んで1台単位で購入できる『VSタイプ』が各2730円(税込み)。

toyforum_mario_6

おなじみのゼンマイ駆動のタイプで、マリオ、ワリオ、クッパ、ルイージの車体が選べる『ゼンマイタイプ』が各661円(税込み)です。ルイージは『ゼンマイタイプ』のみの販売となるので、ルイージでレースをしたい方はこちらも合わせて購入することをオススメします。シリーズのいずれも車体は取り外して、『チョロQハイブリッド!』のゼンマイシャーシやリモコンシャーシ、今回発売されるVSシャーシに取り付け可能。自在な組み合わせで楽しむことができます。

■関連記事
【TOYフォーラム2010】『マリオカート』の世界を『チョロQ』でリアルに完全再現!(写真付き)
ファン待望の進化を遂げた『チョロQハイブリッド! リモコンタイプ』など発売へ
もしもスクウェア・エニックスがスーパーマリオを作ったら

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy