ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レポート】ドクター苫米地の30分100万円コーチング生放送「コーチングは言語化できない」

苫米地英人さん

前回の記事でも紹介した「ニコニコ動画プレミアム会員200万人突破記念祝い」企画のひとつ「苫米地英人の30分100万円のコーチング」生放送が9/16(火)21:00からニコニコ生放送で行われた。

30分100万円!? 苫米地英人のコーチングが9/16(火)21:00生放送
https://getnews.jp/archives/418343 [リンク]

この放送では、500人の抽選から選ばれたリスナーが悩み・質問を苫米地英人氏にぶつけ、それについてのコーチングを実際に受ける様子が放映される。

今回、見事選ばれたのは、ジャズシンガー志望のRURIさん。
彼女の悩みは、「シンガー志望でありながら、人前に立つと極度に緊張してしまう」というもの。

それに対して、ドクター苫米地はどのように答えるのか。

そもそも「コーチング」とは?

開始早々、司会から「コーチングの簡単な解説」を求められるドクター苫米地。しかし氏は疑問を呈する。

「30分では時間がなくなっちゃうよ」

「コーチングのレクチャー、何時間かけてやってる?僕の本を読んだことのある人(を対象)でも最低3時間。」

IMG_1087

「『GT-R』を知らない人に『GT-R』という車を説明できるのは、車という概念を知っているからでしょ?
車を見たことも無い人に、水野さんの作った『GT-R』について語れる?」

歴史もあり世界的なレベルで広がっているコーチングという概念について“簡単な説明”を生放送の導入時間で行うことは難しい、ということなのだ。ニコニコ生放送のような、カジュアルな場で公開されるのは、恐らく初の試みかと思われる。

ただし「コーチ」については、苫米地氏はこのように語った。

「本人がゴールを設定して、そのゴールを達成することを助ける仕事をする人が“コーチ”っていうのね。わかる?
コーチの仕事をコーチングと言えばそうだけど、たとえば古武術の黒帯の人を集めても、極意ってのは説明できないよね?“何をやるか”っていうのは、説明できないから見てほしい。」

しかし、このあとこうも続けた。

「(コーチングの)ほとんどは、非言語なの。だから画面を見ていてもわからないかもしれない。

でも、その中でも興味があるから観たいわけでしょ。そういう人たちでも、観たいんだったら見て、っていうのが今日の放送だから。」

「コーチングという世界、概念を理解していない人は見なくていいよ。」

コーチングそのものが苫米地氏の言うように非言語で構成されているなら、放送や苫米地氏の語るコトバだけにとらわれてもその真意は理解しえない、ということだろうか。

本記事では、当日のやりとり、放送の流れをピックアップしてレポートしていきたい。

コーチングはたった二人で行うもの。「君たちは全く存在していない」

「ここから先は、オレにやらせてくれる?」普段の苫米地氏のコーチングにおいて、コーチングが行われる空間は相談者とコーチのみで構成されるという。

スタッフに対し「君たちは全く存在していない。」「君たちは、モノ(物質)となって、ここにあるパイプと同じになってもらわないと、本物のコーチングはできませんよ。」と問いた。口調は終始、穏やかだ。

「コーチングが宗教なんかと違うのは、コーチングの目的はクライアントのゴール達成“だけ”なのね。
だから、オレは彼女(RURIさん)のゴール達成だけにしかコーチングをしない。
宗教だったら、悟らせるためだったり神に導くためだったり、別の目的がある。けど(コーチングにはほかの目的は)一切ない。

そのためにこの空間を支配して、彼女のゴール達成のためだけの30分を作らなければならない。」

ゴール達成のために、コーチと相談者のためだけの、ノイズの無い空間が必要、ということなのだろうか。

コーチング開始

「それでは始めますよ。自己紹介から」

苫米地氏の言葉に、部屋の空気が一変する。怖さは無いが不思議な緊張感が静寂として漂う。

―― 名前はRURIです、神奈川から来ました。

相談者であるRURIさんはジャズボーカリスト志望の二十歳の女性だ。

―― 人前に立つわけじゃないですか。けど、すごい人見知りがひどいんです。カラオケなんかも、友達とでも行けないくらい、人前に立つのが恥ずかしいんです。

「うん、うん」と自然に相槌を打つ苫米地氏。

「リラックスしていいよ。自宅にいると同じにして。自分の中でテーマにしたいことがあるわけでしょ?それは緊張の事?何のこと?」

―― 人前に立つ緊張の事、人見知りです。

「もともと歌は何でやりたかったの?」

洋楽に興味を持ちはじめたのをきっかけに、ジャズに傾いていったというRURIさん。

「表現」するということの先にある評価

「シンガーになりたくてジャズを選んだの? それともジャズをやりたくて、その中のパートとしてシンガーを選んだの?」

―― 最初はボーカルがやりたかった、ジャズが自分の表現手法として適しているのではないか

「ということは、ジャズを歌で歌っているのは表現したいことがあるからやってるってこと?」

―― アレンジなどを試してみたいという気持ちがあるんですよ。

「表現って二つの考え方があると思うんだけど、ひとつは自分が表現したいことを表現する、絵だったら、絵を描く。で、それを倉庫にしまっておいてもいいわけだ。それと、その絵を人に見せたいっていうもの。その場合、表現じゃなくコミュニケーションじゃん。両方あるかもしれないけど。」

―― 自分の表現を考えるというのも楽しいけど、それをほかの人に聴いてもらって自分を評価してもらいたいという面もあります。

「それ、表現と関係あるの? 評価されたいものについて考えると、表現内容を評価されたいの?それとも歌っている自分を評価してほしいの?」

―― 自分のアレンジがどんな人にとらえてもらえるのか、というのは気になります。

「それはアレンジの話だよね。アレンジャーのほうが歌手より良くない?」

―― でも、私は、歌いたいんですね。自分が歌っていたい。

「それ、ジャズじゃなくちゃいけない?ジャズが素晴らしいのはアレンジであり、自由さにあると思う。アレンジを認めてもらいたいという気持ちはわかるけど、それと歌はどう関係あるの?」

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。