ついにウコンマーンアホ氏が社長就任

access_time create folderガジェ通

ウコンマーンアホ氏がノキア・ジャパン代表取締役社長に就任していたことが判明した。ウコンマーンアホ氏はもともと東京R&Dセンターのディレクターをしていたが、ウコンマーンアホ氏の手腕を買われ、ノキア・ジャパンの代表取締役社長へと就任したわけだ。

ウコンマーンアホ氏はフィンランド人で、1997年からノキア・ジャパンの社員だった。もともとケータイ事業を牽引するような場にいたウコンマーンアホ氏だからこその、ウコンマーンアホ式なケータイ事業展開が期待できる。

ウコンマーンアホ氏は常に次世代ケータイ事業に取り組んできており、カメラ付きケータイや最新通信技術を使用したケータイの開発に取り組んできた。それゆえ、ノキア・ジャパンはキャリア事業ではないものの、ウコンマーンアホ氏のパワーで、今後の新たなケータイを生み出す潤滑油になるのではないかと思われる。

ウコンマーンアホ氏の今後に注目したい。もしかすると、ゲーム開発者と同じように「〇〇さんが開発したゲームなら買いたい」というようなヒーロー誕生になるかもしれない。ウコンマーンアホ氏の開発したケータイなら買いたい。そういう日が来るかもしれない。
 

access_time create folderガジェ通
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧