ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本物そっくり!?真似メイクの極意をモデルが明かす!

本物そっくり!?真似メイクの極意をモデルが明かす!
 AKB48島崎遥香さんの“困り顔”メイクが女性雑誌で特集が組まれ、話題になったのは記憶に新しいですが、女優や女性モデルのメイク術をチェックして、お手本としている女子は多いはず。
 でも、芸能人の「真似メイク」で注目を集める人気読者モデル・梶恵理子さんのメイクは「お手本」のレベルではありません。「そっくり過ぎる!」と思わず声をあげてしまうほどなのです。今年初めにはその「真似メイク」がまとめサイトでまとめられ、10万以上のPVを獲得し、インターネット界隈で大きな話題になりました。

 そんな梶さんの“真似メイク術”が『憧れの顔になれる! 真似メイクBOOK』(扶桑社/刊)として一冊の本になりました。
 本書では、ナチュラルに魅せるミニマムメイクで素顔美人に見える戸田恵梨香さん風メイクをはじめ、カラコンや二重メイク、濃いめのノーズシャドウなどで骨格のメリハリを際立たせるローラさん風メイク、目尻を濃くしてたれ目メイクととことん涙袋を強調する板野友美さん風メイクなど、様々な女優や女性タレントの顔になれるメイク法が公開されています。

 梶さんが「真似メイク」をはじめたきっかけは、彼女が高校3年生のときに遡ります。
 アルバイト先で好きになった彼に想いを伝えるも撃沈。彼が板野さんのファンだったということから、「振り向いて欲しい!」という一心で板野さんのメイク術を研究し、真似たところ、彼の態度が一気に変わり、最後には彼から告白されたのだそうです。真似メイクは、まさに「恋に効くメイク」なのです。

 梶さんいわく、真似メイクで大事なことは以下の3つなのだそう。

1、真似する顔の特徴を見極め、自分の顔を近づける
2、ヘア、衣装、表情も全力でなりきる
3、メイクも自撮りも練習あるのみ

 ポイントはメイクだけでなくて、服装や表情までその人になりきること。
 例えば戸田恵梨香さん風と新垣結衣さん風のメイクは超ナチュラルで基本プロセスはほとんど同じ。唯一大きく違う点は、戸田さん風はうねるような細アーチ眉なのに対し、新垣さん風はストレートの並行眉だということですが、他にも髪形や服装、表情などのなりきり要素も重要だということが、本書を読むと分かるはずです。

 ちょっとした工夫やテクニックで印象を変え、自分がなりたい顔に近づくことができる梶さん流“真似メイク”。「あんな風になりたいけど、私には無理だから…」と諦めるのではなく、少しでも可愛く、綺麗に変身しましょう!
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
加藤あいのトレーナーがボディメイクのコツを披露
夕方の老けこんだ顔が若返る、化粧直しの裏ワザ
男の子スタイルを目指す女子必読のファッションムックが刊行

生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy