ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フェラーリ公認! 鮮やかな赤にエンブレムが輝くノートPC『Ferrari One』発売へ

0236743_03

日本エイサーは、フェラーリ公認モデルノートパソコン(PC)『Ferrari One』を11月27日より発売します。フェラーリF1チームのオフィシャル・スポンサーであるエイサーだから実現した世界唯一の公認スペシャルモデルです。フェラーリとエイサーの共同開発でディテールにこだわったデザインは、サーキットを駆け抜けるフェラーリそのままの美しさをノートPCに再現しています。

『Ferrari One』は、フェラーリのデザインチームの全面的な協力のもとでデザインされました。本体の天板部分は鮮やかなフェラーリレッドで塗装し、中央にはフェラーリのシンボル“跳ね馬”のロゴが塗装ではなくエンブレムとして配置。横からの見た目にもこだわり、ヒンジの部分にもフェラーリレッドが使われています。

0236743_02

また、衝撃を吸収する背面のゴムには、レーシングカーのタイヤを模したデザインを採用。オリジナルアイテムとして、フェラーリがサーキットを駆け抜けるレースシーンを切り取った『フェラーリ・スクリーンセーバー』や、ログイン時にフェラーリが疾走するエンジンサウンドが鳴り響く『フェラーリ・スターティングサウンド』も標準装備するなど、細部にまでフェラーリのイメージにこだわった、まさにスペシャルなモデルです。

デザインだけでなく、スペックにもフェラーリらしさを求めました。OSは『Windows 7 Home Premium(64bit)』を、CPUは『AMD Athlon 64×2 デュアルコアプロセッサL310』、グラフィックスは『ATI Randeon HD3200』を搭載。高速かつ滑らかな動作が可能です。予想販売価格は7万2800円、フェラーリは買えなくても『Ferrari One』なら何とか手に入れられそうですね。
 
『Ferrari One』主な仕様
ディスプレイ:11.6インチ(1366×768)、最大解像度2048×1536
OS:Windows 7 Home Premium(64bit)
CPU:AMD Athlon 64×2 デュアルコアプロセッサL310
ハードディスク:320GB
グラフィックス:ATI Randeon HD3200(ビデオメモリ最大1919MB)
オーディオ:第三世代ドルビーホームシアター、スピーカー×2
ウェブカメラ:30万画素 Acer Crystal Eye Webカメラ
Bluetooth:Bluetooth2.1+EDR
通信機能:無線(IEEE802.11 a/b/g/nドラフト2.0Wi-Fi/10~1000Mbps Gigabit Ethernet)
バッテリー駆動時間:約6時間
サイズ:W285×D204×H24/30mm
重さ:1.45kg
 
 

■関連記事
平均9.9mmの世界最薄!デルがプレミアムノートPC『Adamo XPS』発売へ
【東京モーターショー2009】『トミカ』と『チョロQ』が競演する“もうひとつのモーターショー”
【東京モーターショー2009】美人コンパニオン写真集!第六弾-FINAL-

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy