ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サザン、岡田准一主演映画「永遠の0」主題歌に新曲“蛍”書き下ろし

 

 

サザンオールスターズの新曲“蛍”が、12月21日に公開されるV6の岡田准一主演の映画「永遠の0」の主題歌に決定した。

 

(C)2013「永遠の0」製作委員会

 

「永遠の0」は、百田尚樹のベストセラー小説を「ALWAYS三丁目の夕日」などで知られる山崎貴の監督により実写映画化したもの。司法浪人の青年・佐伯健太郎とその姉でフリーライターの慶子が、太平洋戦争の際に特攻で戦死した祖父・久蔵について調査し、戦後60年に渡って封印されていた意外な事実にたどり着くという、〈人は何のために生きるのか〉という根源的なテーマを問いかけるヒューマン・ドラマだ。岡田は死を恐れる性格だったにも関わらず特攻に志願した戦闘機乗りの久蔵を演じ、三浦春馬、井上真央ら豪華キャストが脇を固めている。

そんな映画のためにサザンは新曲“蛍”を書き下ろしで提供。映画の制作サイドから「サザンでぜひ主題歌を」という熱烈なオファーを受けると共に、制作途中段階の映画を見た桑田佳祐がその内容に強く共感したことから今回のタイアップが実現したという。“蛍”は桑田がオーケストラをバックに情感豊かに歌い上げる美しいバラードで、「永遠の0」の世界観に寄り添いつつも、普遍的な平和への祈りが込められた楽曲とのこと。なお、サザンが映画に主題歌を提供するのは、桑田が監督を務めた映画「稲村ジェーン」の“真夏の果実”以来23年ぶりとなる。

この新曲は8月7日にリリースされるサザンのニュー・シングル“ピースとハイライト”に収録。同作にはその他にも、三井住友銀行のCMソング“栄光の男”、原由子が作詞/ヴォーカルを担当する“人生の散歩道”という話題曲が収められる。

★サザンオールスターズのニュー・シングル“ピースとハイライト”についてのニュースはこちらから
★サザンオールスターズの新曲“栄光の男”についてのニュースはこちらから
★サザンオールスターズの音楽番組「ミュージックステーション」出演に関するニュースはこちらから

 

桑田佳祐 コメント

「家族のために必ず生きて帰る。それこそが愛ではないか。」そう信じ、〈待っている人がいる〉ことそのものが生きる力となり、生きる原動力となっている。現代を生きる私たちにも通ずる、そんな主人公宮部久蔵の姿に非常に大きな感動をいただきました。

この映画の中に流れている〈平和への祈り〉のようなメッセージを、私なりに音楽という形を通じて、多くの方々に伝わっていくためのお手伝いが、少しでも出来ればと思っております。そして、この映画が大成功されることを心よりお祈り申し上げます。

 

山崎貴監督 コメント

【主題歌アーティストがSASに決まったことについて】
伝説のグループ〈サザン〉が、復活そうそう僕たちの映画の主題歌をやっていただけるということに大変興奮しています。早くみんなに自慢したかったのですが、今日までは封印して来ました。やっと言えます(笑)

【主題歌“蛍”を聴いて感じたこと】
切なさの中に希望や覚悟が内包されている素晴らしい楽曲だと思いました。
映画本篇に続けてこの曲を聴いたとき、何か〈救われた〉という想いがあふれてきました。
画面には雲が映っていましたが、そのどこかで宮部さんが微笑んだような気がしたのです。
この曲が観客の胸のさらに奥深い場所に映画のメッセージを届けてくれるであろうと思います。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。