ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本発の資金調達サイト「ShootingStar」始動、1号案件には堀潤・元NHKアナのプロジェクトも

ShootingStar

夢やアイデアを、多くの人の共感やサポートを得て実現したい―。個人や企業がサイト上で資金を集めるクラウドファンディングは世界的に浸透しつつあり、多くのヒット商品や斬新なサービスが誕生しているが、日本でも資金調達サイト「ShootingStar」が12日からサービスを開始した。第1号案件として、堀潤・元NHKアナウンサーの「一次情報発信者プラットフォーム構築」プロジェクトや、福島の「インドアスポーツテーマパーク建設」プロジェクトが早速、資金を募っている。

ShootingStarは、アイデアを持っている人がプロジェクトを提案し、それに賛同する人から資金を募る仕組みになっている。プロジェクトオーナーはあらかじめ目標金額と資金を募る期間を設定し、期間内に目標額に達した場合にのみ資金調達が成立する。サポートする人には、金額に応じてオーナーからの“ギフト”が用意されている。例えば、堀氏のプロジェクトの場合、3000円の資金提供だと「運営に参加できるサポーターズクラブ会員券」、1万円だと「サポーターズクラブ会員券+オリジナルステッカー+サイトでの名前掲載」となっている。資金調達が成立した場合は、クレジットカードの決済手数料などを含むシステム使用料(調達資金の20%)がプロジェクトオーナーに請求される。もし成立しなければサポーターには課金されず、オーナー側に手数料も発生しない。

資金調達サイトとしては海外においては「Kickstarter」が有名で、スマートウォッチ「Pebble」などのヒット商品が生まれた。クラウドファンディングでは商品だけでなく、サービスや芸術作品などあらゆるプロジェクトが対象となっているのが特徴で、ShootingStarから今後どんなアイデアが実現するか注目したい。

ShootingStar

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。