ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20年以上の歳月を経て…田中芳樹『タイタニア』続編がついに出る!?

タイタニア3巻

6月3日、人気作家の田中芳樹先生が所属する作家事務所の『らいとすたっふ』が『Twitter』で

『タイタニア4』脱稿しました!

ツイートした。

『タイタニア』とは、『銀河英雄伝説』などの作品で知られる田中芳樹先生によるスペースオペラ小説で、アニメ化もされ現在3巻まで刊行されている。3巻が出たのが1991年6月であったので、かれこれ22年の月日が流れたことになる。アマゾンレビューにも10年以上前の2002年10の時点で「続刊でないかな~」というタイトルの書き込みがあったりするほどだ。その作品がついに脱稿ということで、ファンは驚きと喜びの声をあげているようである。

田中先生の作品は、シリーズは多いものの続編がなかなか出ないので読者がやきもきすることもしばしば。代表作のひとつである『アルスラーン戦記』は、『鋼の錬金術師』や『銀の匙』の作者である荒川弘先生がコミカライズをするということで話題となった。こちらは9巻までは年に1~2巻のペースで出ていたのだが、それ以降の刊行は

9巻 1992年
10巻 1999年
11巻 2005年
12巻 2006年
13巻 2008年

と、数年の間が空くことも。続編の14巻は未だに出ていない。『こち亀』の日暮巡査といい勝負である。

同じく代表作の一つである『創竜伝』も、現在のところ最新刊である13巻の奥付には2003年の6月6日第一刷発行とあり、続編が出ないまま10年の月日が流れてしまった。タイタニアのようにあと10年以上待つことはないとは思うのだが、果たして……!?

※画像は1991年発行の『タイタニア』3巻

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。