瀬戸内の真ん中・広島県三原市の逸品を集めたネットショップ「せとなか百貨店」公開!

access_time create folder生活・趣味
瀬戸内の真ん中・広島県三原市の逸品を集めたネットショップ「せとなか百貨店」公開!


広島県三原市の三原臨空商工会が運営する「ひろしまど真ん中市場」公式サイトは、公開して10周年を記念し、「せとなか百貨店」としてリニューアルした。瀬戸内のちょうど真ん中・広島県三原市より、遠方からでも手軽に味わえる新鮮なグルメや、三原市ならではの商品を届けていく。

三原市を盛り上げるためのECサイト

地方産業において年々加速度的に過疎化が進んでいる。そんななか、三原臨空商工会職員数名の“商工会が音頭を取ってなんとか三原市を盛り上げたい”という想いから、産業の衰退が続く地方都市での生き残りをかけたプロジェクトが2012年にスタートした。パソコンに不慣れな地元事業者に対しても、事業内容の説明やECサイトの運営にとって必要な心構えまで、モチベーションを高めるための内容に力を入れて実施してきた。

10周年を迎えた「ひろしまど真ん中市場」は、今年、サイト名を「せとなか百貨店」に改め、全面リニューアルを行った。

商品数は2倍、クレカ決済にも対応

リニューアルにあたり、参加企業が16社から36社に増え、商品数も約100品から204品と約2倍に増加。三原市の地域産業が生み出すグルメ、寝具や衣類品、家具、美容品など、数々のスグレモノが集結している。今後は、同サイト限定販売の商品を中心に展開していく。

また、情報が探しやすくさまざまな機種でも見やすいように、構成やデザインを全面的に刷新し、スマートフォンやタブレット端末からも見られるように。これまでは、銀行振込限定で対応していたが、クレジットカード決済機能も導入した。

参加企業の商品を一部紹介しよう。

感動的なやわらかさの八天堂のぱん


八天堂からは「極あんぱん・極くりーむぱん 2種6個詰め合わせ」1,685円(税込)が登場。同社は、昭和8年、三原市にて“甘くておいしい和菓子を通じて、少しでも周りの人たちを元気づけたい”という想いから創業。「極くりーむぱん」は、“八天堂が産まれた故郷・三原の食材を使用して商品を作りたい”という想いから誕生した。


三原市産の米粉を使用し、独自の長時間ミキシング製法により、ふわふわしっとりとした感動的なやわらかさを実現。オリジナルのとろっとろのクリームときめ細かい生地が溶け合っている。

地域の人気店による「尾道ラーメン」


地域の人に愛されれいる「ラーメン康」が、店で提供している「尾道ラーメン」のスープ、生麺、具材をそのまま自宅用にパッケージングした「ラーメン5食セット」3,500円(税込)も。


鶏ガラをベースに、3種類のダシを合わせたスープは、あっさりとしていながらコクがあり、毎日でも食べたくなる味わいだ。

リニューアルした「せとなか百貨店」にて、三原市のグルメや産品を手に入れてみては。

せとなか百貨店:https://www.setonaka.jp/

(山本えり)

  1. HOME
  2. 生活・趣味
  3. 瀬戸内の真ん中・広島県三原市の逸品を集めたネットショップ「せとなか百貨店」公開!
access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。