絵本読み聞かせアプリ「KIKASETE」がアップデートし見やすさを改善

access_time create folder生活・趣味
絵本読み聞かせアプリ「KIKASETE」がアップデートし見やすさを改善


4月28日(金)、Maria Projectは、知育アプリ「KIKASETE(きかせて)」にてアプリ画面をこれまでの横画面から縦画面に改修し、絵本の読みやすさを改善した。

子育て当事者に寄り添ったサービスが求められている現状

ベネッセコーポレーションの「たまひよ妊娠・出産白書2023」によると、子育てが「充実していると思う」「楽しい・幸せを感じる」と回答した母親は約9割いる一方、日本社会は「出産・育児がしにくい」と回答したのは76.8%に上り、理由として「経済的・金銭的負担」と「社会の理解や支援の不足」の割合が高くなっているそうだ。少子化が急速に進む今、子育て当事者に寄り添った取り組みやサービスが求められている。

絵本を題材とした知育アプリ


Maria Projectは、2019年に絵本を題材とした知育アプリ「KIKASETE」を開発。

「KIKASETE」は、絵本の読み聞かせをアプリが行った後、気持ちや考えを引き出す質問を投げかけ、子どもに発言してもらう対話機能を備えている。

親はアプリをしている子どもの側で家事や自分のことをしながら、子どもの考えに触れてコミュニケーションを取ることができるようになっている。

絵本を選びやすい仕様に

ユーザーから、絵本の冊数が増え、「お気に入りの絵本がわかりやすいところに来てほしい」といった声があり、今回の改修により「ほんだな」が図鑑形式となり、絵本を選びやすい仕様となった。

また、絵本を大きく表示できるようになり、絵本の世界への没入感をもたらすようになった。

子育てをする人々の助けとなりたい

Maria Projectの代表は、5人の子育てと仕事を両立する母親で、「親も子どもと一緒に楽しみながら絵本に触れたい」という思いが「KIKASETE」の誕生のきっかけとなったという。今回のアップデートを通じて、「KIKASETE」が絵本を通じた親子のコミュニケーションの時間を確保し、子育てをする人々の助けとなりたいと思っているそうだ。

アップデートしさらに使いやすくなった「KIKASETE」を子育てに活用してみては。

KIKASETE:https://kikasete.mariaproject.com/

(角谷良平)

  1. HOME
  2. 生活・趣味
  3. 絵本読み聞かせアプリ「KIKASETE」がアップデートし見やすさを改善
access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。