横浜家系カップラーメン5品を食べ比べ! 一番うまい家系カップ麺はどれだ? これだ!|ガジェ通クロスレビュー

access_time create folderグルメ

「横浜家系ラーメン」は、鶏油を浮かべた豚骨醤油ベースのスープとストレートな麺が特徴で、神奈川県横浜市発祥のラーメン。近年は全国的に家系ラーメンの店が増えつつありますが、最近になってカップ麺業界にも家系ブームの波が押し寄せてきています。

横浜家系カップラーメン食べ比べクロスレビューを開催!

ふと思い立って近所のコンビニやスーパーを何軒かハシゴしてみただけで、なんと5種類の家系カップラーメンを入手することができました。これはすごい。

となると、気になるのはこの中で最もおいしいのはどのカップ麺かということ。そこで毎度おなじみのなんでもクロスレビュー企画「ガジェ通クロスレビュー」を開催! メンバーが一堂に会してこれらの家系カップラーメンを食べ比べ、点数をつけてナンバーワンを決めることにしました。

今回のメンバーも写真左からガジェット通信編集部のオサダ記者、ガジェット通信でもラーメン記事を連載中のラーメンライター・井手隊長、そして私ノジーマの3名。

特に井手隊長は家系ラーメンが大好きで、かねてより「家系ラーメンのクロスレビューをやりたい」とリクエストしていました。果たして、井手隊長の心に刺さる家系カップラーメンはこの中にあるのでしょうか!?

評価方法

・各10点満点で採点。合計30点
・商品はすべてノジーマが自腹で調達しているため、忖度は不要。まずければ0点をつけてもOK
・おいしさ、再現度、コストパフォーマンスなどを総合的に評価して採点する


https://youtu.be/LwPi0qeXaVg[リンク]
▲ほぼノーカットの動画もありますのでぜひご覧ください!

1品目:麺NIPPON 横浜家系豚骨ラーメン(日清食品)

井手隊長:個人的にはほうれん草と海苔3枚がちゃんと入っているかが気になりますよ。

ノジーマ:細かいほうれん草が一応入ってますね。海苔も大きめのが3枚入ってる。

ノジーマ:おっ、麺がちゃんとウマいな。

オサダ:ああウマいなあ……。海苔もちゃんと美味しい。海苔の味がする。ほうれん草は気持ち程度だけど、まあこれはしょうがない。

ノジーマ:スープはカジュアルな家系って感じですね。家系ラーメンのさわりの部分を伝えてくれているというか。

オサダ:そこまで濃くて強い感じではない。万人受けしそうな家系。

評価:オサダ6点、井手隊長6点、ノジーマ7点 / 合計19点

井手隊長:これはビギナー向けですね。少しこってりした感じの醤油ラーメン。これは家系ラーメンかと言われたら、家系ラーメンではないかなあ。たぶん誰にでも食べられるような感じで作ったんだと思います。鶏の香りがしないし、豚骨の厚みもない。

ノジーマ:カップラーメンとしては全然美味しいんですよ。非常にレベルが高いと思うんですけど、家系というものさしで考えるなら、確かにビギナー向け。

オサダ:全然悪くはないです。ただ家系の罪悪感が少ないですよね。逆に言えば、夜中に食べてもそんなに心が病まないかも。

井手隊長:今日のラインナップはラーメンとして美味しいのは当然として、どれだけ家系愛が感じられるかを点数にしていきたいかな。

2品目:凄麺 横浜とんこつ家 豚骨醤油味(ニュータッチ)

ノジーマ:おっ、さすが凄麺。ほうれん草がフリーズドライのブロック型にレベルアップしてます!

井手隊長:出たー! これは来たねぇ。

ノジーマ:あとはスープにとろみ成分を加えて、濃厚さをとろみで表現するという手法を使っていますね。

オサダ:麺もちょっと太くなりましたかね。

井手隊長:おお~、麺がうめぇなぁ。

ノジーマ:さっきのとアプローチが違う感じですね。麺もスープも。スープはかなりクリーミー。

オサダ:僕のイメージとしての家系にだいぶ近づいた。ほうれん草もしっかりしてる。

評価:オサダ7.5点、井手隊長7点、ノジーマ7.5点 / 合計22点

ノジーマ:ほうれん草とか脇役もしっかりしてるし、ウマいけど「家系カップラーメンまだいけるだろ」と思っちゃった。麺はさっきのほうが好みだという人もいそうだけど、個人的にはこの極太麺はかなり好き。

オサダ:僕もほぼ同意見です。もちろんラーメンとしては美味しいですし、こってりしたスープがだいぶ僕好みですけど、もっと油っぽさがほしい。もっといけるぞと思う。

井手隊長:麺は美味しいんだけど、このもっちりして縮れた極太麺は家系の麺じゃないんだよなあ。スープは豚骨押しでニンニクとかを入れてカスタマイズしたような味になっているけど、もうちょっと香りがあってもいいよなと感じちゃった。

ノジーマ:もっと伸びしろがありそうな感じがしちゃいますよね。ニュータッチ凄麺シリーズの凄さを知っているとなおさら。

3品目:寿々㐂家 横浜家系豚骨醤油(ファミマル/日清食品)

井手隊長:寿々㐂家(すずきや)さんは人気家系ラーメンランキングでは必ず名前が入ってくる人気店です。

ノジーマ:こちらもかやくは海苔3枚、ほうれん草、チャーシュー入り。焼き海苔は「麺NIPPON」とまったく同じ。これも粉末スープでとろみをつけるタイプですね。

ノジーマ:おおお~っ、比べるとわかるねえ! 鼻から抜けるものがある!

井手隊長:あ~、ウマいぞ~、寿々㐂家さん! 麺をすすっているときに鶏が抜けてくる! やってることが玄人好みだなあ。家系を食べたことがある人が喜ぶ味だよね。

オサダ:この香りが鶏油なのか。海苔のウマさが際立ってる。「麺NIPPON」とまったく同じ海苔なのに、スープが変わったから印象が全然違う! スープのとろみのつけかたも絶妙。

評価:オサダ9点、井手隊長9点、ノジーマ9.5点 / 合計27.5点

オサダ:これはうまいなぁ。寿々㐂家の店で食べたことがないから再現度がわからないけど、これはうめえ。鶏油って大事だなあとめちゃめちゃ感じました。

ノジーマ:これを超える家系カップラーメンはそうそうないかな! これだけウマいと店でも食べてみたくなる。名店コラボカップ麺の理想形。

井手隊長:点数に余裕を残して9点をつけたけど、カップ麺で家系デビューをする人はぜひ食べていただきたい! これを食べて美味しかったからお店にも行ってみたい、となれば絶対幸せになれますよ。カップ麺でこれを出しちゃっていいのかと。

オサダ:僕も食べてみたくなりましたもん。うちはこういう味だから食いに来いって。

井手隊長:いやあ、素晴らしいわ。鶏の香り、大事ですね。あと凄麺の麺も美味しかったけど、家系に近いのはこっちかな。

▲一気にテンションが上がる3人

4品目:吉祥寺武蔵家 家系MAX アジコメ アブラオオメ カタメ(寿がきや)

井手隊長:吉祥寺武蔵家さんも人気のあるお店ですよ。

ノジーマ:ただ、寿がきやのカップ麺は麺が独特なんですよね。それが吉と出るか凶と出るか。かやくは海苔も含めて全体的に小ぶり。スープは商品名の通りかなり濃いめで、食塩相当量はなんと9.1グラムです。

井手隊長:うわ、すごい! だめだ! 1日分以上いっちゃってる!

オサダ:全部飲んじゃダメなやつだ。でも美味しいと飲んじゃうんだよね……。

井手隊長:うお~! 濃いな~!! 濃いけど……あるぞ!

ノジーマ:あるある! こういう感じの家系ラーメン、ある! とろみ成分は入ってないけど、濃さが半端ない!

井手隊長:麺は完全にカップ麺だね。いやあ、ほかのと並べて食うとしょっぱいなぁ。

オサダ:しょっぱいけど、鶏油っぽさもちゃんとありますね。これこそライスと一緒に食べたい。

評価:オサダ6点、井手隊長8点、ノジーマ7点 / 合計21点

ノジーマ:これはもう好みの問題で、個人的にはこんなに濃くなくていいかな(笑)。あと、このスープだったらもっと生麺っぽい麺で食べたくなっちゃう。せめてさっきの「麺NIPPON」くらいの麺で食べたかった。

井手隊長:ただでさえ濃いのに、麺が縮れているからスープをめちゃめちゃ持ち上げてきちゃうんだよね(笑)。

オサダ:やっぱりこの麺じゃなくてこの濃さで食べたいっていう伸びしろと、僕の主観も込みで最初の基準点に戻しました。このスープと鶏油の感じが好きな人なら8点とか9点とかをつけても全然おかしくない。

井手隊長:僕は8点ですね。武蔵家さんがもともと味が強い店だし、パッケージにも味が濃いって書いてあるから、これだけ尖っていても全然いいと思う。麺はここまで違うとカップ麺だと割り切れるし、鶏の強さとかもあって、ちゃんと家系ラーメンになっているのがいいかなと。

5品目:最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油(日清食品)

ノジーマ:さあ、大トリは問題児です。まず食塩相当量が10.3g! 大盛りサイズじゃなくて2ケタははじめて見ました。そして鶏油も液体スープ並みの小袋のデカさ。おそらく30gくらいは入っているんじゃないかと……。

井手隊長:家系ラーメン屋で鶏油が不足して、油多めができないとか言ってるのに。ここにありましたよ、鶏油が!

ノジーマ:そして熱湯を注いで5分待ち、カップ焼きそばの要領で湯切りして、さらに熱湯を注いで作るというのが“最高に面倒”なんですよね。そしてかやくは海苔3枚のみ!

井手隊長:これで400円超えてくるんだったら、もはや「せい家」の方が安い。

ノジーマ:うわっ、本当にとんでもない量の鶏油だな!

井手隊長:黄金鶏油って書いてあるけど、本当に黄金色だね。白い感じの、背脂っぽいやつではなく。ここまで大量に鶏油が入っちゃうと、においが包まれちゃって食べてみないとわからないや。

オサダ:うめぇ……。あんなにたくさん油を入れたのに、くどさが全然ない。

井手隊長:これは本当に美味しさを追求したのか、やりすぎ感を追求したのか、どっちなんだろう……。

評価:オサダ8.5点、井手隊長7点、ノジーマ8点 / 合計23.5点

ノジーマ:僕は8点かな。麺はストレートでとんでもなくウマいし、スープも濃厚ですごいんだけど、ここまでガチでやっちゃうとやっぱりほうれん草とかネギもほしくなっちゃう。具がない分バランスが少し崩れちゃっている気がする。あと値段と手間もマイナス要因。今日のラインナップでどれかを家で食べるんだったら、絶対寿々㐂家を買って帰るもん。

オサダ:僕は手間をかけても全然いいと思っている人なんで、手間の部分は全然マイナスにならないんですけど、中学生の戦いに社会人が入ってきたくらいの反則感がある(笑)。そりゃあおまえ、ウマいだろっていう。

井手隊長:美味しいんだけど、油も醤油も多すぎて消し合ってる感じなんだよね。オサダさんが「あんなにたくさん油を入れたのにくどさが全然ない」って言ってたのはまさにそれ。どっちもこんなに量を入れなくても成り立ったんじゃないかと思っちゃったなあ。

最終結果発表

1位:寿々㐂家 横浜家系豚骨醤油(ファミマル/日清食品) / 27.5点
2位:最高に面倒で、最高にうまいラーメン。家系豚骨醤油 / 23.5点
3位:凄麺 横浜とんこつ家 豚骨醤油味(ニュータッチ) / 22点
4位:吉祥寺武蔵家 家系MAX アジコメ アブラオオメ カタメ(寿がきや) / 21点
5位:麺NIPPON 横浜家系豚骨ラーメン(日清食品) / 19点

ノジーマ:隊長は絶対「最高に面倒で~」より、「吉祥寺武蔵家 家系MAX」の方が好きだろうなと思った!

井手隊長:だって「家系MAX」みたいな家系ラーメンは実際にあるからね。でも「最高に面倒で~」みたいな家系ラーメンはないもん。やっぱラーメンはバランスなんだなあって感じましたね。それにしても「寿々㐂家」、びっくりしました! これはレベルが高い!

ノジーマ:それにしても、今回はこれまでの「ガジェ通クロスレビュー」の中で一番難しかったですね! 全体的によくできてるから、それぞれの味の好みが点数にすごく反映されました。

オサダ:難しかったけど、その分おもしろかったですね! また次回お楽しみに!

写真撮影:オサダコウジ

(執筆者: ノジーマ)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧