NBAジャパンゲームスが3日間に渡って開催! スラムダンクコンテストとモップパフォーマンスにも拍手喝采

access_time create folderエンタメ

9月30日から10月2日までの3日間、さいたまスーパーアリーナで「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & Nissan」が開催されました。

2019年以来、3年ぶりに行われた今回の「NBA Japan Games」は八村塁選手が所属するワシントン・ウィザーズがホストとなり、昨シーズンのNBAチャンピオンであるゴールデンステート・ウォリアーズを招いて対戦。10月中旬に開幕するシーズンに向けてのオープン戦。両チームにとって今期の初戦だったにも関わらず、白熱した展開を見せてくれました。

最高峰のプレイで日本のファンを魅了

9月30日の初戦は八村塁選手がチーム最多得点を獲得するも87対96で敗戦。10月2日の第二戦ではアメリカのみならず日本でも人気の高いスーパースターのひとり、ウォリアーズのステファン・カリー選手が大活躍し、ウィザーズは95対104で逆転負け。惜しくもウィザーズは連敗してしまったのですが、東京オリンピック以来の八村塁選手のプレイに、多くのファンが魅了されました。

10月2日には、オープニングで世界的ギタリストのMIYAVIがライブし、ハーフタイムショーではBoAがパフォーマンスするなど、ショーアップされたNBAの魅力をダイレクトに感じられる週末になりました。

スラムダンクコンテストで驚愕のダンクが炸裂

土曜に開催されたのが「NBA Japan Games Saturday Night 2022 Presented by Rakuten & Nissan」。ゲームのなかったこの日も会場には満員の観客が詰めかけ、日本でのNBA人気がさらに高まっていることを実感した人も多かったはずです。

「Saturday Night」で行われたのが、スラムダンクコンテスト、来日していたNBAレジェンドのティム・ハーダウェイさんとリチャード・ハミルトンさんが参加したシューティングスター、3ポイントコンテストなど。そして最後にはNBAの大ファンだというゆずのスペシャルライブ。

スラムダンクコンテストには3選手がノミネート。それぞれが様々なスタイルでスラムダンクを決めていきました。3人目のB・ラフ選手のとき、突然にコートに現れたのが「日産ARIYA」。車のフロント部分を飛び越えてダンクが炸裂。そのスラムダンクには審査員を務めていたウィザーズとウォリアーズの選手も驚嘆するほどで、会場からの歓声もひときわ大きくなりました。もちろんB・ラフ選手が優勝を飾りました。

モップパフォーマンスにも拍手喝采

「Saturday Night」で注目を集めたもうひとつのコンテンツがモップパフォーマンスでした。初日のハーフタイムでも披露されたモップパフォーマンス。けれどこの日が違っていたのは、モップが自動に動くこと。モップそのものがダンシングチームのメンバーのように、ひとつのチームとして動いていきました。

NBAのゲームでは欠かすことのできないフロア清掃を、日産の最新技術からインスピレーションを受けてアップデートした「自動で走行するモップ」のパフォーマンスとして披露。このモップ、日産の先進運転支援技術ProPILOT 2.0から着想を得た、題して「ProPILOT MOP」。「手を放す新しいカタチ」にNBAスター選手たちも驚愕! 世界最高峰のゲームに華を添えてくれました。

ウィザーズもウォリアーズも、来日にはダンスチームやDJが帯同し本場の雰囲気をそのまま伝えてくれました。バスケットの魅力を深く受け取り、NBAの進化も実感した「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & Nissan」。参加したファンにとっては、夢のような週末だったに違いありません。

今回初のタイトルパートナーとなった日産自動車では、今回のモップパフォーマンスの動画をYouTubeで公開。現場の熱狂を味わえなかった人は、この動画で会場の興奮を味わってみてはいかがでしょうか。

【自動運転モップ】 ProPILOT MOP | #NBAJapanGames #NISSAN(YouTube)
https://youtu.be/ofvNjh5KI1I

  1. HOME
  2. エンタメ
  3. NBAジャパンゲームスが3日間に渡って開催! スラムダンクコンテストとモップパフォーマンスにも拍手喝采
access_time create folderエンタメ
local_offer
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。