OPPOが日本市場向けに初となるタブレット発売へ 10.3インチで薄型・軽量の「OPPO Pad Air」

access_time create folderデジタル・IT

OPPOは10.3インチのタブレット「OPPO Pad Air」を9月30日に発売します。日本市場向けには初となるタブレット端末。メーカー希望小売価格は3万7800円(税込)です。

厚さ約6.9mm、重量約440gと薄型・軽量なデザイン。アルミニウム合金製の背面パネルには独自の加工技術「OPPO Glow」を施し、指紋や汚れがつきにくく高級感のある質感を実現しています。

解像度は2000×1200ピクセル。8mmの狭額縁で、画面占有率は83.5%。Netflix、Prime VideoのHD動画再生に対応します。左右対称に配置したDolby Atmos対応のクアッドスピーカーを搭載し、迫力あるサウンドを実現。

CPUはQualcomm Snapdragon 680を搭載し、RAMは4GB、内蔵ストレージは64GB。外部ストレージとして、最大512GBのSDXCカードに対応します。ストレージの空き容量が十分確保されている場合、その一部を使用して最大7GBにRAMを拡張することが可能。

OSはAndroid 12ベースのColor OS 12。2本指で上から下にスワイプして2画面に分割したり、4本指でピンチやスワイプしてフローティングウィンドウを表示する機能、電子書籍などを読みやすくする「アイコンフォーとモード」といった機能が利用できます。

18Wの急速充電に対応する7100mAhのバッテリーを搭載。フル充電で最大約12時間の連続動画視聴、最大約83時間の連続音楽再生に対応します。

対象の販売店で10月31までに購入すると、スタンドとしても利用できる別売りの専用スマートカバー(2680円・税込)をプレゼントするキャンペーンを実施中。対象販売店は、量販店がコジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ。ECサイトはAmazon、ECカレント、OPPO公式オンラインショップ、OPPO公式PayPayモール店、OPPO公式楽天市場店、ひかりTVショッピング。

  1. HOME
  2. デジタル・IT
  3. OPPOが日本市場向けに初となるタブレット発売へ 10.3インチで薄型・軽量の「OPPO Pad Air」
access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。