サントリー、飲むメタバース企画始動。炭酸水をモチーフにした遊園地のイメージ動画公開

access_time create folderデジタル・IT

近年、多くの自治体や企業が、観光案内やオンラインイベント、商品販売などのシーンで活用している「メタバース」。急速に注目されているコンテンツですが「実態が掴みきれていない」という側面があるようです。

そこでサントリー食品インターナショナル株式会社(以下、サントリー)は、メタバースについて学び・考えるプロジェクト「サントリー“飲むメタバース”プロジェクト」を始動しました。

飲用体験の新しいカタチを探るプロジェクト

今回のプロジェクトは、サントリー社員がメタバースについて学び、どのように活用すれば飲み物の世界観を表現できるのかを考え、未来に向けた飲用体験の新しいカタチを探るというものです。

サントリーは一連のプロジェクト内容を2022年9月15日(木)からサントリー公式Twitterアカウントにて、同月22日(木)からはNTTが提供するメタバース空間「DOOR」で順次公開。

DOOR空間内では、プロジェクトメンバーであるサントリー社員が実際にメタバース空間で会議をしたり、遊んでみたりした体験の様子を収めた動画を配信しています。 また、メタバース有識者に「メタバースとは何か」「メタバースの現在」「メタバースの未来」についてヒアリングして得た知見をまとめたレポートも公開中です。

「スパークリングレモン」の世界観を表現

サントリーはプロジェクトを進行するなかで「こんな世界があったら絶対楽しい」と思える空間をつくりたいと考えました。

行き着いた答えは「サントリー天然水スパークリングレモン(以下、スパークリングレモン)」をイメージした遊園地“スパークリングパーク”です。

その後サントリーは、スパークリングレモンの晴れやかさや爽快感をジェットコースターで体感できるような、予告動画をDOORで公開。イメージ動画の全貌は近日公開予定です。

「DOOR」でプロジェクト内容をチェックしてみた

DOORの特設サイトにアクセスして、サントリーのプロジェクト内容をチェックしてみました。

空間内に入室すると、プロジェクトの概要を説明する部屋や、サントリー社員によるメタバース会議の体験動画・VR Chat出張の動画を紹介する部屋などがあります。

奥へ進むと「BOSS」「伊右衛門」「スパークリングレモン」など、サントリーの飲料ブランドそれぞれの世界観を落とし込んだコンセプトアートを、壁一面に掲示した3つの部屋が。

さらに奥の部屋では、スパークリングレモンのボトルをモチーフにしたジェットコースターや、レモンや炭酸の泡を連想させる演出などを盛り込んだパークリングパークの予告動画を視聴できます。

PC・スマートフォンで簡単にアクセスできるので、これを機に“飲むメタバース”を体験してみてはいかがでしょうか。

PR TIMES
「DOOR」特設サイト

(文・Haruka Isobe)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧