人感センサーで瞬間的にミストを噴射! 香りを使った“嗅覚”の看板「アンビセント」

access_time create folderデジタル・IT

株式会社SceneryScent(以下、シーナリーセント)は、ライブイベント・劇場などで香りを広く拡散し、嗅覚による演出を実現する“香り演出機器”を提供してきました。

今回、同社はアネスト岩田株式会社とともに、人感センサー内蔵香り演出機器「Ambiscent(アンビセント)」を共同開発。ピンポイントで嗅覚による訴求ができるようになるといいます。

微細なミストを瞬間的に噴射

従来のアロマディフューザーは、香りが広範囲に拡散するため、届いてほしくないところまで充満することがあったようです。

一方、Ambiscentは人感センサーが反応したときにのみ、機器の前に立った人に香りを噴射するため、まわりの人や環境への影響を限りなく抑えたうえで、嗅覚による訴求ができます。

エアーコンプレッサ(空気圧縮機:最大0.3MPa)を使用することで、効率よくミストになった液体香料を瞬間的に噴射することが可能。微細なミストなので、衣服などへ付香するリスクが低いとのことです。

看板・無人店舗などに活用可能

Ambiscentは、商業施設のサイネージや店舗前の看板、無人店舗、冷凍食品の自販機などに活用可能。匂いや香りが発生しないような場所へ設置することで、嗅覚による集客効果や購買向上が期待できます。​

また、エンタテイメントのアトラクションに取り入れ、センサー・映像・音など、ほかの演出と連動させて香り演出をすることで、よりリアルな没入感が得られるようです。

キャラクターの香りをAIが再現

Ambiscentのほか、シーナリーセントは“香り”を活用した機器やサービスを提供しています。

たとえば、ライブエンターテイメントに匂いや香りなどの嗅覚による演出を取り入れて、五感での没入体験を可能にする香り空間演出機器「Scent Machine(セントマシン)」。

コントローラで4種類の香りを遠隔操作で切り替えて演出できるほか、映像・照明や音響と連動したプログラム演出を実現します。

アニメやゲームなど、キャラクターのフレグランスをAIが作るサービス「Virtual Fragrance」では、SNSをはじめインターネット上にある“キャラクターに関する書き込み”をAIが解析。

人間工学にもとづき、そのキャラクターを表現するような、多くの人に好まれる香りを調香します。

PR TIMES(1)(2)(3
株式会社SceneryScent

(文・Haruka Isobe)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧