作曲家・樫原伸彦さんの音楽家生活40周年記念イベント『樫原伸彦 Presents「NK40 GGWスペシャルライブ」』レポート!!(前編)

access_time create folderエンタメ

しまじろうの『ハッピー・ジャムジャム』をはじめ、数多くの楽曲を手がけ、アーティストのプロデュースも行っている作曲家・樫原伸彦さん。先日、ガジェット通信では音楽家生活40周年を迎える樫原さんにインタビューを行いました。

参考記事:
しまじろう「ハッピー・ジャムジャム」をはじめ数々の名曲を手がけた作曲家・樫原伸彦さんにインタビュー! 9月3日には音楽家生活40周年記念のスペシャルライブも
https://getnews.jp/archives/3331371[リンク]

9月3日には、赤羽ReNY alphaにて音楽家生活40周年の「NK40 GGWスペシャルライブ」が開催!
樫原さん本人をはじめ、近年、縁の深いDASEIN/→Pia-no-jaC←/山川陽彩/かとう唯/森ふうか/太田彩華/令和琴姫/藤嶋美伶/SHiN(敬称略)が出演した豪華ライブの詳細レポートを頂いたので紹介いたします。

藤嶋美伶

イベントライブのオープニングアクトとして登場したのが、ラウドメタル系バンド囁揺的音楽集団AsMRのヴォーカル&ピアノ担当のMilliとしての顔も持つ、シンガー&ピアニストの藤嶋美伶。彼女は樫原伸彦が作曲したプログレッシブでシンフォニックなインスト曲『Risoluto(リゾルート)』を演奏。複雑で難解な展開を描きながらも、心を揺さぶる情熱的かつメロディアスな楽曲であるところに、作家、樫原伸彦の冴えたセンスを覚えた。様々な表情を見せる楽曲を、藤嶋美伶は熱情した演奏を通してドラマ化。観客たちを驚かせつつも、心を釘付けにした。

司会を担ったのが、樫原伸彦が楽曲提供やサウンドプロデュースを担う山川陽彩。この日の主役、樫原伸彦もトークに参加。この日のライブは、樫原伸彦が作詞/作曲/編曲/プロデュースのいずれかを担った楽曲のみを出演者たちがパフォーマンスする形で行われた。                                   

→Pia-no-jaC←

イベントの幕開けを飾ったのが、→Pia-no-jaC←。ピアノとカホンというユニット編成にも関わらず、触れた瞬間から、彼らは観客たちの衆目を一気に集め、自身のパーティー感満載な世界へみんなを連れ出した。2人は、有名なベートーベンの『第九』をダンスミュージックにアレンジし、披露。観客巻き込み型のユニットらしく、カホンのHIROが声を上げて煽れば、ピアノのHAYATOが鍵盤を叩きながら凄まじい速度で音符を踊らせる。五線譜の上で暴れ騒ぐ2人の演奏に刺激を受け、フロアのあちこちに身体を揺らす人たちが登場。続く『METROPOLIS』でも、2人はその魅力を遺憾なく発揮した。

後半には、樫原伸彦もキーボートで参加。まずは、3人で『PEACE』を披露。跳ねた音を奏でるHAYATOの演奏へ、歌う鍵盤奏者らしい華やかでメロディアスな色を樫原伸彦が加え、楽曲をドラマチックに彩った。最後にセッション披露した『JACK』では、HAYATOと樫原伸彦による、ピアノを縦に置いて指を走らせたトリッキーな奏法も登場。樫原伸彦がオルガンを軸にしたホンキートンクな演奏を繰り広げ、そこへ2人が熱く寄り添う形でフロア中の人たちを熱狂させた。まさに、短い中にも見せ場を濃縮したライブだった。
 

DASEIN

DASEINとはデビューの頃からの付き合い。彼らが提唱する”HYPER BEAT ROCK”というエレクトロ+ロックな音楽性を、メンバーと一緒に作りあげたのが樫原伸彦だった。
この日のライブは、耳に心地好く響く歌謡メロも印象深い、雄大な景観を描くミドルメロウの『流離人』からスタート。『天下無双』ではフロア中を羽根扇子や手扇子舞うディスコ空間に塗り替えれば、活動初期の名曲『まぶしくて』とコロナ禍以降の時期に作りあげた『待宵影』を並べ、いかにしてHYPER BEAT ROCKが時代へ寄り添いながら変化し続けてきたのかを目の前に映し出していった。

後半は、ピアノ演奏に樫原伸彦を迎え、共に歩み続けた22年の歳月を確かめあうように最新曲の『歩 -ayumi-』を披露。DASEINが、樫原伸彦とどんな音楽の歩みを重ねてきたのかを、異なる5つの表情を通して伝えてきた。

樫原伸彦+→Pia-no-jaC←+DASEIN

ユニットセクションの最後は、樫原伸彦+→Pia-no-jaC←+DASEINという豪華な組み合わせでセッション。先に→Pia-no-jaC←の『台風』を演奏。4つの楽器の音が、美しく清らかな音色と濁った衝動音を交錯しながら熱情した音のうねりを作り上げる。2台の鍵盤と2つの打楽器にヴォイスという普通ならあり得ない組み合わせにより生まれたのは、瞬発力の強い台風のような爆裂した演奏。各人がフリーフォームで紡いだ音へ、他のメンバーらが情熱的な音の装飾を重ねれば、DASEINのデビュー曲『夢つれづれ』もさりげなく歌として組み込み、5人は、熱情したドラマを描きだしていった。
続くDASEINの『555』で3組は、エレクトロな同期音を削り、樫原伸彦の年齢となる59歳を題材に「5 5 5 GO ON!」ならぬ「5 5 5 59」と叫びながら、ロックンロールなセッションプレイを見せてゆく。この曲では、カホンとドラムによる演奏の掛け合いも登場。その瞬間瞬間に音の魔法を振りかけながら、卓越したプレイヤーたちが交わし合うからこその熱いバトルなセッションを作り上げていった。

ここからは、ポップスフィールドで活動しているアイドル/アーティストたちを迎えたセクションへ。

※後編はコチラ
https://getnews.jp/archives/3337437[リンク]

  1. HOME
  2. エンタメ
  3. 作曲家・樫原伸彦さんの音楽家生活40周年記念イベント『樫原伸彦 Presents「NK40 GGWスペシャルライブ」』レポート!!(前編)
access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。