邪悪な映画『くまのプーさん: 血と蜂蜜』が撮影終了! ドス黒いストーリーも判明

access_time create folderエンタメ

作家であるアラン・アレクサンダー・ミルン先生が児童小説として執筆した作品『くまのプーさん』。彼の息子であるクリストファー・ロビン・ミルンさんのために書かれたのが『くまのプーさん』だといわれているが、多くの人は、ディズニーのアニメーション作品のイメージが強いのではないだろうか。

『くまのプーさん: 血と蜂蜜』

そんな『くまのプーさん』が、実写映画として撮影されたことが判明した。そのタイトルは、日本語直訳で『くまのプーさん: 血と蜂蜜』(ウィニー・ザ・プー:ブラッド・アンド・ハニー / Winnie the Pooh: Blood and Honey)。そう、名称からもわかるとおり、ホラー映画として撮影されたようなのである。

邪悪なプーさんが主人公の映画か

『くまのプーさん: 血と蜂蜜』の撮影はすでに終了しており、現在は編集作業中とのこと。映画データベースサイト『MIDb』には複数のシーンが掲載されているが、正直、どこにも児童小説やアニメの『くまのプーさん』の雰囲気はない。まさに邪悪なプーさんが主人公の映画といっても過言ではない雰囲気だ。

プーさんのほか、豚のピグレットも登場するようである。ちなみに、プーさんを演じるのはクレイグ・デイヴィッド・ダウセット(Craig David Dowsett)さんとのこと。

ロビンが立ち去ってプーさんが暴走

『MIDb』によるとストーリーは一部が判明しており、プーさんと仲良しだったロビンが彼のもとを去り、放置され、そしてプーさんが暴走しはじめた……。という内容らしいが、公式情報ではないため、今後、製作サイドの公式情報が公開されるのを待ちたいところだ。


※記事の画像は映画データベース『MIDb』より

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧