宮迫博之さん「ホリエモンの予言どおり半年で潰れるかも…」焼肉店・牛宮城の値上げや新メニューを発表

access_time create folderエンタメ

3月1日のグランドオープンより、約3ヶ月が経過した宮迫博之さんの焼肉店・牛宮城。
5月26日には翌6月分の予約受付が行われたが、やはり“瞬殺”で相変わらずの人気のようである。
それに先駆け、5月25日には宮迫さんのYouTubeチャンネルに


【緊急】牛宮城から重大なご報告があります
https://www.youtube.com/watch?v=b2B2-cd2G0k[リンク]
という動画が投稿された。
運営パートナーの焼肉大将軍社長・本田大輝さんと並んで登場した宮迫さん。6月1日より看板メニューである「極みタン塩」や「宮迫ハラミ」の値上げを行なうとのこと。特に、開店当初より原価率6割超えの赤字覚悟の限定商品として提供してきた「極みタン塩」は、ここ数ヶ月の牛タンの価格高騰もあって「下手すれば(原価率)9割いくのではないか」ということになり、苦渋の決断だった模様。また、これまで2人前からの提供だったが、1人前から注文可能にするそうである。
また、トマト冷麺やトマトすき焼きといった新メニューも紹介していた。
価格については、客として来た飲食関係者より「安いけど大丈夫なのか」と心配されていたという牛宮城。宮迫さんは冗談めかして「大丈夫じゃなかった」「このままでは、ホリエモンの予言どおり半年で潰れるかも……」と語り、値上げについて理解を求めていた次第である。

※画像は『YouTube』より

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧