『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』に登場した予想外のキャラクターが話題 「あいつが帰ってきた」「大爆笑しちゃったよ」

access_time create folderエンタメ

5月20日からDisney+で配信開始となった『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』。

この最新映画に登場した予想外のキャラクターがアメリカで話題となっています。


https://twitter.com/AidenRS139/status/1527550108153282562


https://twitter.com/Cybrid101/status/1527569138146611200


https://twitter.com/KODA_VT/status/1527557248389726209

それが“Ugly Sonic(アグリー・ソニック、ブサイクなソニックという意味)”と呼ばれるこちらのソニックです。

Sonic the Hedgehog Trailer #1 (2019) | Movieclips Trailers(YouTube)
https://youtu.be/SfEpqmdXhiU

2020年に公開された実写映画『ソニック・ザ・ムービー』で、実写版ソニックの一番最初のキャラクターデザインとして公開されてしまったのがこの“Ugly Sonic”となります。

“Ugly Sonic”のシーンを目の当たりにしたアメリカの視聴者からは以下のような声が集まっています。

・実写映画の時はあれだけブーイングしたくせに今度は大喜びしてるTwitterユーザー
・オリジナルの“Ugly Sonic”よりさらに酷い気がするのは気のせい?
・ソニックの声が『ソニック・ザ・ムービー』の人とは違うんだね
・なんというカムバックの仕方だ
・あいつが帰ってきた
・大爆笑しちゃったよ
・思いのほか最高です
・また悪い夢を見そう
・“Ugly Sonic”は死んでなかったんだ
・呪われたソニック
・セガとパラマウントがよく許可したね
・ベン・シュワルツの声のほうがいいな
・このシーンは笑った
・こっちのソニックの声はティム・ロビンソンなんだ
・“Ugly Sonic”だけで番組が成立すると思うけどな

【関連記事】実写映画『ソニック・ザ・ムービー』の予告編解禁 「これじゃない」感マックスでブーイング→デザイン変更決定
https://getnews.jp/archives/2150673[リンク]

(c)2022 Disney Enterprises. Inc.

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧