メガネ型ARデバイス「Nreal Air」レビュー クラウドゲーミングとの相性抜群な“お手軽パーソナルディスプレイ”

access_time create folderデジタル・IT

日本Nrealがドコモとauから販売を開始したARグラス「Nreal Air」のレビューをお届けします。

スマートフォンと接続して使用する、サングラスタイプのARデバイス。約79gと軽量で、メガネケース状のケースに入れて手軽に持ち運ぶことができます。

内側にハーフミラーを搭載し、フレームから下向きに投射する映像を、メガネから見る現実世界に重ねて表示できる仕組み。光学系は非常にコンパクトで、通常のサングラスとほとんど変わらない装着感で使えるのが印象的です。

左右のテンプル(つる)にスピーカーを搭載。右側のテンプルには画面をON/OFFするボタンと画面の輝度調節ボタンを搭載します。

左側のテンプルの端はUSB Type-Cポートになっていて、付属のUSBケーブルでスマートフォンに接続、専用アプリ「Nebula」を起動することで利用できます。「Galaxy S21 5G」「Xperia 1 III」「AQUOS R5G」など対応端末はNrealのウェブサイトに記載があるので、確認してみてください。今回は実機と一緒に、Xperia 1 IIIをお借りして動作を確認しています。

対応端末一覧
https://www.nreal.ai/compatibility-list/[リンク]

別売りのアクセサリー「Nreal Streaming Box」をNreal Air本体に接続すると、iOSやPCでも画面のミラーリングが可能。Nreal Streaming Boxは近日発売を予定しています。

Nebulaアプリは「MRモード」と「Air Casting」の2つの動作モードから、いずれかを選んで使用します。MR(複合現実)をイメージした体験ができるMRモードでは、目の前に浮かんで見えるユーザーインタフェースを操作して、YouTubeやブラウザ、SNSなどが利用可能。スマホをリモコン代わりに使用し、スマホの画面上に表示されるトラックパッドをスワイプしたりタップして、ポインタやウィンドウを操作します。

目の前に表示されるウィンドウは、最大で仮想空間の6メートル先に201インチの大スクリーンとして表示が可能。頭を動かしても空間に画面を固定できる「3Dofモード」と、頭を動かすと画面が追随する「0Dofモード」が選択でき、好きなスタイルでウェブや動画を見ることができます。

複数のウィンドウを立ち上げることができるので、動画を見ながらニュースをチェックして調べものをする……といった作業が現実の視界の中で可能になります。ARを活用した未来っぽさも感じますが、実は視界がふさがれず現実の世界が見えていることで、長時間使用しても疲れにくいという効果もありそうです。テンプルのボタンひとつで画面のON/OFFができるので、画面を消してすぐに休憩することもできます。

Air Castingは、スマートフォンの画面をミラーリングして、最大で仮想空間の4メートル先に130インチの画面を表示できるモード。こちらではマイクロソフトのクラウドゲーミングサービス「Xbox Cloud Gaming」を試してみました。Nreal Airとスマートフォンの接続はUCB-C端子のDP ALT(Display Port Alternate mode)を使用しているので、DP ALTに対応してSnapdragon 8 Gen 1を搭載するゲーミングスマートフォン「RADMAGIC 7」をつないでみたところ、NebulaアプリのAir Castingでミラーリングに成功。

スマートフォンの画面でクラウドゲーミングのコンソールゲームを遊んでいると、画面の文字が細かくて見えないことがあるのですが、Nreal Airを使えば目の前に広がる大画面でプレイが可能に。クラウドゲーミングとの相性は抜群と言えそうです。

没入感のある大画面、という意味ではVRヘッドセットに軍配が上がるのですが、Nreal Airは「わざわざ重いヘッドセットをかぶる心理的ハードルがない」「サングラスをかけるという日常の自然な動作で利用できる」「専用コントローラーではなくスマホで操作できる」という点が魅力。いつでもどこでも、サっと取り出して使える“お手軽パーソナルディスプレイ”として活躍しそうです。

販売価格は、記事執筆時点でauオンラインショップが3万9799円(税込)、ドコモオンラインショップが3万9800円(税込)。ドコモのデバイスレンタルサービス「kikito」でレンタルすることもできるので、興味がある方はまずレンタルして使ってみるのもよいのではないでしょうか。

ARグラス Nreal Air|kikito[キキト] – ドコモのデバイスレンタルサービス
https://rental.kikito.docomo.ne.jp/rental/devices/NR000100/[リンク]

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧