[なんでもチャーハン] 白米が激ウマ進化!『カップヌードル にんにく豚骨』でつくるチャーハンが最高すぎる

access_time create folderグルメ

日清『カップヌードル にんにく豚骨』、食べましたか?
パンチの効いたにんにくと豚骨が特徴なカップヌードルファミリーの新定番なのですが、トータルの完成度がかなり高いです。

※実食レビューはこちらからどうぞ。
実食『カップヌードル にんにく豚骨』パンチすごいのに品があるスープ
https://getnews.jp/archives/3228597

そんな『にんにく豚骨』、チャーハンにしたら間違いなかろう、ということでやってみました“なんでもチャーハン”企画。いつもの手順を踏まえて調理スタートです。

手順をおさらい

カップヌードル系のチャーハンと言えば、おなじみの手順がございますので、おさらいしながら進めていきましょう。

用意するのはこちら。
・ごはん200g程度
・卵1個(なくてもOK)
・『カップヌードル にんにく豚骨』
・お水すこし

前準備として、一度、カップヌードルの中身をどこでもいいので出して、麺をバリバリと砕きます。ビニール袋やジップロックに入れて棒状のもので叩いてもいいですし、ボウルの中に出して手で砕いてもいいです。ボウルのほうがゴミが出なくておすすめです。手で砕くときのコツは、ねじる感じで。

麺を簡単に砕いたら、カップに戻してお水を入れます。水の量は麺の7~8割くらいにしておきましょう。

そのカップを手元において、フライパンを温めます。油を敷いたら卵を落とし、その上からご飯をドーンと入れちゃいます。

全体にご飯を広げるようにしてはフライパンを返し、卵とご飯だけのチャーハンをまず作ります。

大体でいいんで混ざりましたら、先ほどのカップ麺をフライパンに投入しましょう。少し汁っ気が残ってても想定内。強火であおってあげれば、麺が水分を吸ってくれます。

汁気がなくなり、大体混ざったら火を止めましょう。
付属の『特製にんにく豚オイル』をかけてかき混ぜたら完成です!

スープのウマさを吸い込んだご飯が主役

『特製にんにく豚オイル』の存在感がとにかくすごい。かけた瞬間に周囲の空気が変わるのを感じられるレベルです。
このパンチの効いた存在感が『にんにく豚骨』の特徴そのもの。一口、口にふくんだとたんに広がるのは豚の香り、そしてすぐ後ろをにんにくのしっかりした香りが追走します。

このスープ、単体の実食レビューでも少し述べたのですが、ライスとの相性がとにかくいいんです! 
チャーハンにしてもその良さは健在。いや、凝縮されることでうま味はより強くライスと結びつきました。クリーミーで濃厚ながらすっきりとしたスープの味わいを米粒ひと粒ひと粒がとらえ、その周りを脂がコーティングし、うま味の層を作り上げています。

食べるとわかるのですが、このチャーハン、ライスがずっと主役です。このライスだけ、ずっと食べ続けられそうな、そんな気持ちにさせてくれる奥深さ。

もちろん、キクラゲや謎肉、紅しょうがなんかも良きアクセント。特に紅しょうがは追加したいほどです。冷蔵庫に眠っていたら、足してみてほしいです。

この『特製にんにく豚オイル』チャーハンに関しては、卵抜きでも十分イケると思います。チャーハン本来のおいしさ、ライスのおいしさを再確認させてくれる“なんでもチャーハン”でした。

ぜひぜひ、お試しください。試す価値アリです!

なんでもチャーハン(ガジェット通信)
https://getnews.jp/tag/friedrice [リンク]

  1. HOME
  2. グルメ
  3. [なんでもチャーハン] 白米が激ウマ進化!『カップヌードル にんにく豚骨』でつくるチャーハンが最高すぎる
access_time create folderグルメ

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。