草食なのに「オニクダイスキマン」 珍妙すぎる競走馬のネーミングが話題に

access_time create folderエンタメ

競馬専門紙「日刊競馬」の公式Twitterアカウントが2月17日に投稿した、競走馬の画像がTwitter上で大きな注目を集めている。

パドックに向かう途中だろうか、騎手に引かれて歩くその馬は一見何の変哲もないのだが、その馬名を「オニクダイスキマン」というのだ。

https://twitter.com/nikkankeiba/status/1494213865432834048

個性的なネーミングの多い競走馬だが、草食なのにお肉大好きとはこれいかに…。日刊競馬の投稿に対し、Twitterユーザー達からは

「草食動物の馬の名前がコレはやばいwww」
「2月9日は絶対負けなさそう」
「船橋は中継をよくみるのですが気づきませんでした
『ヴィーガンに意地悪されそう』って書こうと思ったらヴィーガンって競走馬がもういるんですね」

など驚きの声と

「一方アンコロモチ!(笑)」
「呼ばれた気がして、オヌシナニモノ」
「(※ブタノカック-二の画像と共に)食われちゃうー」

など同様に珍妙な馬名の競走馬を挙げる声が寄せられている。

オニクダイスキマンは2019年3月21日生まれの牡馬。馬名の由来は馬主がお肉大好きだからということだ。これまでの戦歴は8戦0勝とあまり振るわないが、いつまでも元気でレース場を駆けてくれるよう願いたい。

※画像はTwitter(@nikkankeiba)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧