「リーダーが高齢者じゃないとこうなるんだよ」 “1日6時間週4日勤務”を提唱するフィンランド首相に言及したツイートが反響

access_time create folder政治・経済・社会

2019年、34才の若さでフィンランドのトップの座についたサンナ・マリン首相。

https://twitter.com/FinEmbTokyo/status/1203877939089154048

就任直後に目標の一つとして「1日6時間週4日勤務」をあげています。

https://twitter.com/FirstGentleman/status/1477836099204513792

このニュースを引用した「リーダーが高齢者じゃないとこうなるんだよ」というツイートが反響を呼んでいます。

このツイートには次のような声が寄せられています。

・アメリカでも学生ローン問題を理解する30代が大統領になって欲しい
・これが実現したらフィンランドに移住したいな
・アメリカみたいに軍事費が多い国ではこうはならない
・だからといってフィンランドがユートピアというわけではない
・60過ぎたら議員になることを禁止する法律が必要
・1日8時間労働とかいう謎ルールはそもそも誰が決めたんだ
・週40時間も多すぎるからな
・70過ぎの集団からは絶対出てこない発想であることは間違いない
・あくまで目標だよ
・まともに働けるのはせいぜい1日4時間程度だから1日8時間勤務とか無意味
・フィンランドみたいな保守的な国で数年以内に「1日6時間週4日勤務」が実現するとは思えない
・人口550万人かつ世界経済の主要プレイヤーじゃないから可能なだけ
・アメリカでは無理ゲーかな
・カナダも真似して欲しい

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/FirstGentleman/status/1477836099204513792

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧