ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

イタリアって麻薬を持ってても捕まらないの?

eki

イタリアは情熱と自由とピザの国! 特にナポリのピザは信じられないほど美味しいらしく、日本との気候の違いで、日本でナポリと同じピザを作ろうとしても、なかなか難しいらしい。そんな美食のナポリで、こんな経験をした日本人観光客がいる。

「フィレンツェからナポリまで鉄道を使って移動したのですが、ナポリ駅についたらホームに警察官に呼び止められているイタリア人っぽい男性がいたんですね。逮捕劇か!? と思って不謹慎にもちょっとワクワクしてしていたら、ポケットから麻薬っぽいのが出てきて、男が警官にかなり怒られてたんですよ。これは逮捕だなあと思っていたら、何事もなかったかのように警官から離れていくじゃないですか。ホテルのスタッフに聞いたら、ナポリじゃ少量の麻薬くらいだと捕まらないことがあるらしいんです。つまり、見逃すんですね」とのこと。

街の治安にもかかわることなので警察官にはまじめに仕事をしてほしいのものだが、個人で少し使うくらいなら許してしまうのが現状のようだ。とはいえ、イタリアでも完全に麻薬は違法だし、逮捕されて当然なのだから、絶対に麻薬を使ったり所持したりしちゃいけない。

大麻の使用が認められているヨーロッパの都市といえばアムステルダムだが、そこでさえコーヒーショップでのみ許されている。そこ以外で大麻をしていれば捕まって当然なので、ナポリにしろアムステルダムにしろ麻薬はやらないのがイチバンということだ。

ちなみに前出の日本人観光客によると「麻薬はだいたいギャングの下っ端が売っているらしいんです。つまりギャングの資金になっているらしく、ナポリでもかなり昔から問題になっているらしいですよ」とのこと。麻薬問題で銃撃戦になっり、多数の人たちが亡くなったこともあるナポリ。絶対に麻薬を買ってはダメだ。

追加: アムステルダムでは大麻を使用する場所に制限はないそうですが、購入場所に制限があるとのこと。つまり野外で使用している方が普通にいるそうです(2009/10/02/16:47)。

イラスト: 中邑みつのり

■最近の注目記事
人気ゲーム『メタルギアソリッド』の小島監督はチョ~映画好き!?
ゲームのアイデアをメーカーに持ち込みしたいけど盗作されないか心配
スクエニが『ファイナルファンタジーXIII』休暇を30日間プレゼント!
NHKが公式サイトで謝罪報告「ご不快の念をいだかせることになった」
【東京ゲームショウ2009】美女&美少女コンパニオン集! 第四弾

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき