【ハナコ】Youtubeコントを収録したDVDを発売!!

access_time create folderエンタメ
1

2018年キングオブコント王者でトリオのお笑い芸人ハナコが2021年10月21日に

DVD「HANACONTE +」を発売した。

 

ハナコのYoutubeチャンネル「ハナチャン」で公開されている約100本のコントの中から
視聴者投票やDVD発売を記念して行った「ハナチャンライブ~HANACONTE徹底討論会!~」のライブ内で決定したものを収録したDVDとなっている。

 

「Youtubeで無料で見れるのに買う人いるの?」と思う方もいるかもしれない。
しかし、実は、このDVD本編148分、特典映像101分と約4時間の超大作となっている。
(DVDディスクって1枚で4時間も記録できるんですね。)

また、収録されている全ネタにハナコ本人の副音声がつく特典もある。

実質本編映像と同じくらい特典が盛りだくさんのDVDとなっているのだ。
そこで、今回は、Youtube映像とともにDVD「HANACONTE +」を紹介していく。

◯本編
本編には、3部構成となっており、初めは、ハナコの3人と「ハナチャン」を担当するディレクターによって厳選された7本を収録。
次に、「ハナチャンライブ~HANACONTE徹底討論会!~」(2021年5月18日開催)内でクジで決定した2本、そして最後に視聴者投票で選ばれたTOP5が収録されている。

 

<Select>
・秋山Select #06 「ドライブ」

 

・菊田Select #31「Zoomなかなか退出しない上司」

 

・岡部Select #15「ASMR ③」(佐々木たけしチャンネル)

 

・ディレクターSelect #53「兄弟YouTuber ①~④」

 

 

 

 

<ハナチャンライブにて運で決めた枠>
#91「新人の野望」~気付き始めた過ち~(ガガーリン③)

 

#78「財布、落としましたよ」

 

<視聴者投票>
5位 #47「ロス ~大失恋~」

 

4位 #52「赤ちゃんのあやし方」

 

4位 #24「裏技」

 

3位 #02 「天空龍」

 

2位 #26「絵しりとり」

 

1位 #59「待ちわびた反抗期」

 

◯特典
特典には、ネタの副音声が聞けるという音声特典とDVDのために収録したDVDでしか見ることのできない、特典映像が収録されている。

ハナチャンライブ映像ディレクターズカット
コント「踏みとどまる人」 
コント「グラス」 
コント「再出発~元ガガーリンのシゲ~」 
「ハナコTHEドライブ」 
「バドミントン」
特典映像はぜひDVDをみて楽しんでください。

◯概要
ハナコ『HANACONTE +』
■発売日:2021年10月27日
■価格:3,300(税込)
■品番:SSBX-2698
■発売元:Contents League
■販売元:ソニー・ミュージックソリューションズ
■制作著作:ワタナベエンターテインメント
【公式サイト】

http://contentsleague.jp/3255/

【Youtube】

https://www.youtube.com/channel/UCTA3AFI43NQ5Y9e9pzLZ2-Q

【Amazon】

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B09DMR7893/natalieowarai-22

【楽天ブックス】

https://books.rakuten.co.jp/rb/16868055/

【ワタナベエンターテイメント】

https://www.watanabepro.co.jp/mypage/4000074/

 

◯最後に
現在Youtubeチャンネル「ハナチャン」では、2018~2019年に配信していた
「HANAKO GAMES」の新シリーズを配信中。

 

 

 

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【コント村】コント界の熱をあげた芸人たち
【大人気】表参道に進出!行列の「アマムダコタン」表参道店 【レポ】
【エモい】インスタ映えする!?レトロでカラフルな「クリームソーダ」6選

 

 

access_time create folderエンタメ
local_offer

Nicheee!(ニッチー!)

テレビ番組のリサーチャーによる情報サイト。 テレビ番組におけるネタ探しのプロが蓄積された知識とリサーチノウハウを武器に、芸能、雑学、海外、国内ご当地、動物など多岐に渡るジャンルをテレビ番組リサーチャー目線で発信しています。

ウェブサイト: http://www.nicheee.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧