箕輪厚介さんや立花孝志党首も参戦予定の素人格闘技イベント「HATASHIAI」 文春vsホリエモンの夢のマッチメイクは今回実現せず

access_time create folderエンタメ

素人格闘技エンタメイベント「HATASHIAI」。12月11日には「遺恨”凄惨”クリスマス!」なる企画で幻冬舎の名物編集者・箕輪厚介さんやN党・立花孝志党首も登場する予定のようである。
11月16日、HATASHIAIのTwitter公式アカウントは

本日、文春vsホリエモンの夢のマッチメイクにつきまして、 週刊文春、加藤編集長と電話お話できましたが、 『読者に背を向けて参戦することはできない。また、私はもう47歳で健康診断もひっかかるほどだ』とお断りされてしまいました。 丁寧な物腰の方でした。

とツイートし、「ホリエモン 堀江貴文VS文春編集長 加藤晃彦」の対戦煽り画像をアップした。しばしば週刊文春について苦言を呈している堀江さん、文春の編集長との対戦であればイベントに出場するとのやりとりがあるメッセージアプリの画面も。
実現すれば確かに「夢のマッチメイク」であったものの、残念ながら文春サイドに断れられてしまったようである。
公式は

しかし、HATASHIAIは諦めません! 今後ともご期待くださいませ!

とツイートを続けていた。堀江さんは、HATASHIAIの先のツイートを引用し、

俺49歳なんだけどな。。

とツイート。また、他のユーザーから
「ホリエモン vs 文春編集長、夢のマッチ実現せず!文春は絶好のネタ提供のチャンスなのにね。あと、勝敗に限らず、ホリエモンは過去の清算しなそう」
というメッセージが寄せられ、堀江さんはそれに対し

チキンなので自らボケをかまして世間に自分を曝け出すことは出来ないくせに他人のプライベートにはズケズケと踏み込んでくる卑怯な最低の人種ですからね。

とツイートを行っていた。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧