立憲・塩村あやか議員「与党の出鱈目政治により離れた票が、コロナ対策を頑張った立憲に来ると思っていましたが」ツイートに反響

access_time create folder政治・経済・社会

10月31日、衆議院選挙の投開票が行われた。自民党・立憲民主党・共産党が議席を減らす中、日本維新の会が11議席から30議席増と大幅に躍進。11月2日、立憲民主党の枝野幸男代表は代表を辞任する意向を示した。
さまざまな分析が行われる中、立憲民主党の塩村あやか参議院議員は1日お昼すぎにTwitterにて社会活動家・勝部元気さんの
「立憲共産が惨敗したのに対して、戦略や戦術に関して色々と意見が出るでしょうが、社会全体をマクロで見れば、日本が衰退する中で、「助けて合って生き延びたい」のではなく、「(自分よりもより)弱い者を切り捨てて生き延びたい」という国民心理の強化傾向が順当に反映された結果だと思います。」
というツイートを引用し、

だから、立憲が理念を真っ直ぐに目指すべき国を語ることが大切でしたね。与党の出鱈目政治により離れた票が、コロナ対策を頑張った立憲に来ると思っていましたが、予想以上に理念が伝わっていない現実を受け止めなくては。

とツイート。しばらく後に、

○「減税と分配がセット」は捩れができていて、理解されなかったうえに、うまく自民党が争点隠しをしたので深堀報道があまりなかった
○経済・福祉・ジェンダー。選挙戦略としては党の理念をメリハリで伝えるべきだった
○ニーサに課税発言はボディブロー 昨年は1500万人も口座利用している

と続けた。
塩村議員のツイートは反響を呼び、複数のまとめサイトが取り上げるなどしていたようである。
疑問の声も多数寄せられ、

「コロナ対策を頑張った立憲? コロナ対策を頑張った立憲? コロナ対策を頑張った立憲?」
「コロナで何を頑張ったか 箇条書きで示していただきたい」
「コロナ対策後回しにしてたくせに頑張ったとはこれいかに?」

といった返信に「いいね」が多くついていたようだ。また、福山哲郎幹事長の国会での「時間が余ればコロナも」発言を引き合いに出す方も。その他、

「そうか…理念が『ある』と言えば、在る事になり、『対策頑張った』と言えば何かやった事になる。まるでSDGsのようなやってるフリで完結する、だから空っぽでも自信満々なのですね」

といったような返信もあったようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧