ドコモが2021-2022冬春モデル全ラインアップと新サービス「kikitoデバイスガイド」「SNS launcher」を発表

access_time create folderデジタル・IT

NTTドコモは10月6日、「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」を開催。発表済みの5機種を含む2021-2022冬春モデルの全8機種をお披露目した他、新サービスを発表しました。

全機種が5Gに対応。この日は先行して発表している機種に加えて、「Galaxy A22 5G」「あんしんスマホ」「らくらくスマートフォン」の3機種を新たに発表しました。Galaxy A22 5Gは税込2万円台から購入できるスタンダードモデル、あんしんスマホ、かんたんスマホはやさしい操作性、使いやすさを重視したモデルという位置づけになります。さらに、5G対応ノートPCとしてレノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Nano」発売を発表しました。

Galaxy A22 5Gは電話やメール、カメラなど基本性能を充実し、手ごろな価格帯で入手できるスマートフォン。4000mAhの大容量バッテリーを搭載し、防水・防じんに対応。FMラジオも搭載します。12月中旬以降の発売を予定しています。

約5.8インチHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズ、重量は未定。OSはAndroid 11、CPUはMediaTek MT6833V 2.2GHz+2.0GHzオクタコア、4GB RAMと64GBストレージ、4000mAhバッテリー、約1300万画素のカメラ、約500万画素のインカメラを搭載。防水、防じんに対応します。通信速度は受信時最大2.1Gbos、送信時最大218Mbps。Wi-Fi、Bluetooth 5.0に対応します。本体カラーはレッド、ホワイト、ブラック。

あんしんスマホは京セラ製で、見やすい画面に電話・メールボタンを配置。初心者でも簡単に操作できるスマートフォン。4500mAhの大容量バッテリーを搭載し、写真がきれいに撮影できる基本性能を備えています。2022年2月以降の発売を予定しています。

約6.1インチフルHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズ、重量は未定。OSはAndroid 11、CPUはSnapdragon 480 2.0GHz+1.8GHzオクタコア、4GB RAMと64GBストレージ、4500mAhバッテリー、約4800万画素のカメラ、約800万画素のインカメラを搭載。防水、防じんに対応します。通信速度は受信時最大1.9Gbos、送信時最大218Mbps。Wi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。本体カラーはピンクゴールド、ネイビー。

らくらくスマートフォンは、独自ユーザーインタフェース、らくらくタッチ機能、持ちやすさといった操作性はそのままに、画面サイズを前モデルの4.7インチから5.0インチに大型化。AI自動シーン認識機能と2眼カメラの搭載により、あらゆるシーンをきれいに撮影できます。2022年2月以降の発売を予定。

約5.0インチフルHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズ、重量は未定。OSはAndroid 11、CPUはSnapdragon 480 2.0GHz+1.8GHzオクタコア、4GB RAMと64GBストレージ、3400mAhバッテリー、約1310万画素/約190万画素のカメラ、約810万画素のインカメラを搭載。防水、防じんに対応します。通信速度は受信時最大1.9Gbos、送信時最大218Mbps。Wi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。本体カラーはピンク、ホワイト、ネイビー。

ハイスペックモデルの「Galaxy Z Flip3 5G」は10月6日に発売。約6.7インチフルHD+ディスプレイ、約1.9インチ512×260解像度のサブディスプレイを搭載し、本体サイズはオープン時が約H166×W72×D6.9mm、クローズ時が約H86×W72×D15.9mm、重量は約184g。OSはAndroid 11、CPUはSnapdragon 888 2.8GHz+1.8GHzオクタコア、8GB RAMと128GBストレージ、3300mAhバッテリー、約1200万画素/約1200万画素のカメラ、約1000万画素のインカメラを搭載。防水に対応します。通信速度は受信時最大4.2Gbos、送信時最大218Mbps。Wi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。本体カラーはクリーム、ファントムブラック。

ハイスペックモデルの「Galaxy Z Fold3 5G」は10月6日に発売。約7.6インチフルHD+ディスプレイ、約6.2インチHD+のサブディスプレイを搭載し、本体サイズはオープン時が約H158×W128×D6.4mm、クローズ時が約H158×W67×D14.4mm、重量は約272g。OSはAndroid 11、CPUはSnapdragon 888 2.8GHz+1.8GHzオクタコア、12GB RAMと256GBストレージ、4400mAhバッテリー、約1200万画素/約1200万画素/1200万画素のカメラ、約1000万画素/約400万画素のインカメラを搭載。防水に対応します。通信速度は受信時最大4.2Gbos、送信時最大480Mbps。Wi-Fi、Bluetooth 5.2に対応します。本体カラーはファントムブラック。

ハイスペックモデルの「Xperia 5 III」は11月中旬以降に発売。約6.1インチフルHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約H157×W68×D8.2mm、重量は約168g。OSはAndroid 11、CPUはSnapdragon 888 2.8GHz+1.8GHzオクタコア、8GB RAMと128GBストレージ、4500mAhバッテリー、約1220万画素/約1220万画素/約1220万画素のカメラ、約800万画素のインカメラを搭載。防水、防じんに対応します。通信速度は受信時最大4.2Gbos、送信時最大218Mbps。Wi-Fi、Bluetooth 5.2に対応します。本体カラーはグリーン、フロストシルバー、フロストブラック、ピンク。

スタンダードモデルの「AQUOS sense6」は11月中旬に発売。約6.1インチフルHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約H152×W70×D7.9mm、重量は約156g。OSはAndroid 11、CPUはSnapdragon 690 5G 2.0GHz+1.7GHzオクタコア、4GB RAMと64GBストレージ、4570mAhバッテリー、約4800万画素/約800万画素/約800万画素のカメラ、約800万画素のインカメラを搭載。防水、防じんに対応します。通信速度は受信時最大2.1Gbos、送信時最大218Mbps。Wi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。本体カラーはライトカッパー、シルバー、ブラック、ブルーメタリック。

スタンダードモデルの「arrows We」は12月上旬以降に発売。約5.7インチHD+ディスプレイを搭載し、本体サイズは約H147×W71×D9.4mm、重量は約172g。OSはAndroid 11、CPUはSnapdragon 480 2.0GHz+1.8GHzオクタコア、4GB RAMと64GBストレージ、4000mAhバッテリー、約1310万画素/約190万画素のカメラ、約500万画素のインカメラを搭載。防水、防じんに対応します。通信速度は受信時最大1.9Gbos、送信時最大218Mbps。Wi-Fi、Bluetooth 5.1に対応します。本体カラーはネイビー、ホワイト、パープル、レッド。

Galaxy Z Flip3 5G、Galaxy Z Fold3 5Gの2機種を含む計46機種は、バージョンアップでAndroid 12に対応予定であることが発表されました。

ThinkPad X1 Nanoは、1kgを切る軽量で2K(2160×1350)で縦横比16:10の13.0型ディスプレイを搭載し、5GによりWi-Fi環境がない場所でも高速通信が可能。CPUは第11世代インテルCoreプロセッサーを搭載します。毎月の利用料金は、ドコモのギガプランに契約するユーザーは「5Gデータプラス」の契約により、月額1100円(税込)で利用できます。10月6日に全国のドコモショップと量販店、ドコモオンラインショップで発売。

さらにハードウェアでは、5G関連の周辺機器としてARグラス「Nreal Air」を12月に発売。約76gと軽量・コンパクトで、スマートフォンの動画やブラウザなどのコンテンツを4m先の仮想空間に130インチのサイズで映し出すことが可能。対象となるAndroidスマートフォンでは、仮想空間に複数のコンテンツを同時に映し出す「MR Space」機能が利用できます。

2022年1月には、このような新しいデバイスの利用体験を幅広くサポートするAndroid/iOS用アプリ「kikitoデバイスガイド」を提供開始することを発表しました。新しいデバイスの情報や使い方を記事で知ることができ、欲しいデバイスはECサイトでの購入やドコモのデバイスレンタルサービス「kikito」からのレンタルへ誘導。デバイスの利用時には取扱説明書や問い合わせ窓口を確認できる他、手持ちのデバイスと連携するデバイスやサービスの情報を提供するなど、活用をサポートします。利用を終了する際には、フリマサイトや中古販売店での売却をサポート。料金は無料で、ドコモ以外のユーザーも利用できます。

この他、新サービスとして複数のSNSをフリック操作で切り替えてチェックできるホームアプリ「SNS launcher」を10月下旬にキャリアフリーの無料アプリとして提供することが発表されています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧