柏の葉キャンパス駅周辺にAIカメラを設置! 三井不動産などが住民の安全に貢献へ

access_time create folderデジタル・IT

三井不動産とUDCKタウンマネジメントは、柏の葉キャンパス駅周辺にAIカメラを29台導入し、住民の安心・安全・快適な暮らしを提供するエリアマネジメント活動を開始すると発表しました。

「世界の未来像」を具現化する街

両社がエリアマネジメント活動を行う柏の葉スマートシティとはどのような街なのでしょうか。公式ウェブサイトによると、球にやさしい「環境共生都市」、日本の新しい活力となる成長分野を育む「新産業創造都市」、すべての世代が健やかに、安心して暮らせる「健康長寿都市」といった、3つのテーマの最適解を求め、「世界の未来像」を具現化していくために、様々な施策を行っているといいます。

三井不動産によると、柏の葉スマートシティは2020年末時点で人口1万人を超えており、人口が増え街の規模が大きくなるにつれ、駅前の混雑といった課題や、防犯や見守りに対する住民のニーズが高まってきているとのこと。このような状況に対応するため、三井不動産とUDCKタウンマネジメントはエリアマネジメント活動を開始します。

29台のAIカメラで異常行動を検知

今回の取り組みでは、柏の葉スマートシティの屋外公共空間にAIカメラを設置し、AIによるリアルタイム画像分析により通行人の異常行動や立ち入りの検知・ならびに人流分析を実施。三井不動産によると「街区における本取り組みは国内最大規模」とのこと。

AIカメラはクリューシステムズ社が提供し、画像解析はニューラルポケット社のAI画像解析技術を活用。物体認識と行動識別を組み合わせることで高いAI検知精度を実現しており、街なかでの「凶器」や「倒れる・うずくまる」等を高い精度で検知が可能といいます。

AIカメラは、カメラ側で映像の分析とデータ変換を行うことができるエッジAIカメラを採用。撮影された映像はリアルタイムで特定の個人を識別できないデータに加工するため、個人のプライバシーを侵害するようなデータの取得・保管は行わないとのこと。

これら29台のAIカメラから得られたデータを活用することで、柏の葉スマートシティにおける安心・安全・快適な暮らしへ貢献していくとしています。

PR TIMES
柏の葉スマートシティ

(文・Takeuchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧