ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ビンラディン暗殺を遂行した特殊部隊「ネイビーシールズ」 現役隊員“ローク少佐”にインタビュー
  • ヴィン・ディーゼル、テレビシリーズ『特捜刑事マイアミ・バイス』のリブート版を米NBCと進行中
  • 押井守×血のり女子高生! 清野菜名初主演『東京無国籍少女』の予告編公開
  • 『さらば あぶない刑事』吉沢亮インタビュー「2人の格好良い佇まいに圧倒された」
  • 映画好きアイドルyuu(lyrical school)が2018年一番良かった作品は? 『第一回 yuuデミー賞』発表!
  • 映画『サマーウォーズ』の「OZ」が公式で現実に 3Dアバターで仮想世界を楽しめる
  • 『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、『デューン/砂の惑星』リブート版の監督へ
  • サイモン・ペッグ×ロビン・ウィリアムズ×モンティ・パイソン! 『ミラクル・ニール』2016年春公開
  • ヒット・ガールが帰ってくる! 『キック・アス』続編『Kick-Ass2』(原題)日本公開が2014年4月に決定
  • 『25 NIJYU-GO』×『エクスペ3』が直接対決! 哀川翔「俺らも50歳過ぎたけど今回はかなり動いたよ」
  • マット・リーヴス監督、映画『The Batman(原題)』の脚本をいちから書き直すと発言
  • 『銀魂』小栗旬×福田雄一で実写映画化! 原作者・空知先生「メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟」
  • えっ?! 海の中すごすぎ……! 驚愕の海中チェイス!『アクアマン』本編映像が解禁
  • 映画館×ニコ生! リアルタイムでスクリーンにコメントが!
  • 映画『Diner ダイナー』の可愛すぎる?!狂犬・菊千代さんに会ってきた「がるるるる……(観なきゃ噛みつくぞ)」
  • 映画『インサイド・ヘッド』―はちゃめちゃな設定のはずなのに矛盾を感じない考えつくされた頭の中の世界(ガジェ通日誌: 深水英一郎)

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

2009年9月24日(木曜日)、千葉県の幕張メッセにて2009年度の『東京ゲームショウ』が開催されました。開催期間は4日間ですが、数多くの人たちが来場し、かなりの大盛況だったといいます。カプコンのゲーム開発者・稲船氏が「今年のTGSはみなさん正直どう思いましたか? 僕も期待してTGS会場行ったんですけど、あまりにつまらなくてこんなんじゃダメだと。日本のゲーム業界も終わったな」(ブログ『オレ的ゲーム速報@刃』より抜粋)と発言したことで大きな波紋を呼んでいますが、それでも大盛況だったのは間違いありません。

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

そんな『東京ゲームショウ』ですが、初日の24日の夜、マイクロソフトが一部のマスコミをXbox360パーティへ招待したのです。ガジェット通信編集部も招待されたので、さっそく会場となっているホテル・ニューオータニのプールサイドに行ってきた。今回は、そのようすをお伝えしたいと思います。ちなみに、マイクロソフト執行役常務・ホーム&エンターテイメント事業本部長の泉水敬(せんすいたかし)氏がXbox360の値下げについて「まだ値引きはないですね」とコメントしたのもこの会場です(その発言についての詳細はこちらの記事でご覧ください → https://getnews.jp/archives/30419 )。

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

18:30からスタートしたXbox360パーティには、多くのマスコミが参加しました。しかし7割がた海外のゲーム雑誌編集者がほとんどで、日本人の取材班は3割ほどのような印象を受けました。ワインやビールなどのアルコールはもちろんのこと、洋食や和食、デザートなどが “飲み食べ放題” という太っ腹。どれも美味しかったが、特に美味しかったのはラザニアとローストチキン。ドレッシングをかけて食べる和風そばも斬新な味でエクセレント!

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

会場では『ゲームセンター嵐』に出てきそうな巨大スクリーンで『鉄拳6』をプレイでき、多くの外国人記者たちが対戦をして遊んでいた。ほかにも大きな液晶モニターが十数台用意されており、新作ゲームを体験することができた。ある意味、食べ放題の東京ゲームショウといったところでしょうか。テレビ局(?)の撮影クルーもいて、番組の収録をするという場面もありました。このようすは、どこかの放送局かインターネットで流れるのでしょう。

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

会場には事業本部長の泉水敬氏が登場。「とにかく楽しんでいってください」とコメントしていましたが、このパーティに満足しない記者はいないはず。日本のゲーム情報誌や海外のマスコミ媒体との交流もできるうえ、新たなゲーム情報も入手できるのですから! さらに、泉水敬氏は会場内を移動して記者たちと懇談していたため、いろいろと話を聞くことができました。普通では得られない情報を得ることができるいい機会となったのは言うまでもありません。

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

この会場にはファミ通でお馴染みのエンターブレインの記者さんも招待されたようで、数人を見かけたものの挨拶する機会に恵まれず断念。海外のゲーム雑誌記者にも挨拶をしようとするも、英語力が不安なため断念。結局、この会場で話をできたのは livedoor の『トレビアンニュース』の記者さんと、『オレ的ゲーム速報@刃』の管理人さんだけでした。

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

ガジェット通信のXbox360に対する感想ですが、身振り手振りでゲームを展開させることができる『ナタル』システムも興味深いのですが、最近はよく作りこまれたゲームが多数Xbox360に登場しています。ですので、今までの流れでよく作りこんだゲームを定期的にリリースしていくことが、Xbox360成功の道だと考えます。ある程度の偏見があるかもしれませんが、ガジェット通信ゲーム班記者のXbox360の稼働率は、PS3の稼働率より高いのです。

一部のマスコミだけが入れたXbox360パーティー写真集

これはどのハードのゲームにもいえることですが、購入者にガッカリ感を与えないことです。徹底的に作りこんだゲームは、ガッカリ感を与える確率が減ります(当たり前ですが)。その当たり前のことができていないゲームが普通に売られているこの現状。どういう点をユーザーが見てガッカリするのか。ここはこのまま発売したらガッカリされるのではないだろうか? いろいろと考えて発売してほしいものです。ガジェット通信編集部は、これからのXbox360に期待しています。

■最近の注目記事
買わず嫌い反対! Xbox360ユーザータイプ別 購入のススメ
映画化決定! ゲーム『ギアーズ・オブ・ウォー2』は定価以上の価値アリ
Xbox360で人気爆発のアイツが今度はiPhoneユーザを暗殺だ!
ゲームブログ戦争!『オレ的ゲーム速報』VS.『はちま起稿』の戦い!
【東京ゲームショウ2009】美女&美少女コンパニオン集! 最終版

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき