メンタリストDaiGoさんの炎上でミュージシャンのDAIGOさんに風評被害!? 元テレビ朝日記者や立川市議も勘違い

access_time create folderエンタメ

ホームレスや生活保護についての発言が猛批判を受けた、メンタリストのDaiGoさん。
ネットを中心に大炎上となっているが、ミュージシャンでタレントのDAIGOさんと間違えてしまう方も少なからずいたようである。

元テレビ朝日記者で、2020年の松本市長選挙にも立候補していた花村恵子さんは8月14日に

この国はどうなってるんだ!?タレントのDaiGo氏が「自分にとって必要ない命は軽い」
生活保護やホームレスの命はどうでもいいと動画サイトで。250万人が登録しているそうだが、鵜呑みにしないでほしい。“自分とは関係ない人”と思うのだろうが、生活困窮に陥る背景も知らずに。総理の孫がこれか。#DaiGo

とツイートを行う。ツッコミが殺到し花村さんは同ツイートを削除、15日には

先にツイートしたDaiGo氏について、元総理のお孫さんと勘違いしました。大変申し訳ありませんでした。以後十分に気をつけます。
ただ、発言自体許されるべきものでないことは変わりません。

様々なご意見、ご批判をありがとうございました。 
発信するということの意味、責任を改めて考えさせていただきます。
言葉は本当に怖いものです。

と謝罪ツイートを行った。しかし、今年2月には

森喜朗氏が発言を撤回した。しかし言ったことは消えない。会見はマスコミへの不快感たっぷりだし、本当に悪いとは思っていない。
過去の発言を見ても女性は厄介、面倒だと思っていることがありあり。飲み屋での話ではない。オリ・パラ組織委のトップにしてはいけなかった。
#森喜朗 #わきまえない女

とツイートしていたこともあり批判はとまらず、花村さんはTwitterのアカウントごと削除してしまったようである。

また、ニコ生主・横山緑こと立川市議の久保田学さんは13日に「暗黒放送 メンタリストDAIGOって奴は許せない。放送」というライブ配信を行う。


今回のDaiGoさんの発言にかなりの憤りを見せる久保田議員。
批判がヒートアップする中で
「ウィッシュとかぬかしやがってよ。竹下登の息子かなんか知らんけどさ」
と発言し、コメントで
「ちがうぞ」
「それ別人」
等のツッコミを受け、こちらも放送内で謝罪を行っていたようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧