AKB48は乃木坂46を越えられるのか 原点の「キラキラ感」は色あせない

access_time create folderエンタメ
AKB48は乃木坂46を越えられるのか 原点の「キラキラ感」は色あせない

かつてAKB46は社会的現象とまで言われました。確かに乃木坂46は現在のアイドル界の頂点に君臨していると言って良いでしょう。乃木坂が結成された際はAKB全盛期で、今やお茶の間で見ない日はない人気者・指原莉乃さんがまだ「お笑い担当」だったころです。その頃から元乃木坂の白石麻衣さんらの美貌は評判になっていたものの、AKBの「キラキラ感」の勢いには追い付けないでいました。果たして、どこまでAKBの勢いは続くのだろうか。そんな思いを抱いたファンもいた事でしょう。

 

 

が、総選挙が終了したあたりからAKBのかつての勢いは落ちていった事は否めません。かつてはある社会学者が「前田敦子はキリストである」とさえも表現されたのに。それからの乃木坂46、そして欅坂46(櫻坂46)、日向坂46の勢いは、言うまでもありません。
48グループの冠番組はいくつもありました。が、現在は一つのみ。「乃木坂に、越されました。」(テレ東)。それでも大したものです。人の好み=流行というはサークリングするものです。乃木坂の清潔感に流れが行ったものの、AKBのコンセプトは「クラスで2番目の女の子」。そしてAKBとは「甲子園」。高校野球に人々が熱狂するのは、高校球児たちのけれんみのないプレーです。

そこは原点です。卒業してから本格的なプロの世界に入っていくか、そのまま一般の人生に戻るのか。いずれにせよ、青春を燃やした人には拍手を送りたいですし、アイドル・芸能人だけで人生ではありません。大海の中に漕ぎ出していく彼女たちの幸福をねがうばかりです。

 

 

因みに最後の1期生峯岸みなみさんが卒業。また30歳に突入し、難病を克服した柏木由紀さんが元気に復帰しました。大島優子さんが結婚を発表しました。感慨深いものがあります。「神7」と呼ばれたメンバーがいました。
敬称略で前田敦子、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、高橋みなみ、板野友美、渡辺麻友。この初期の上位7人こそが「神7」と古参では言われており、筆者も賛同するところです。

渡辺麻友が芸能界引退 後輩・小栗有似が語る“かっこよすぎる”まゆゆからのアドバイス AKB48を初期から支えた天才アイドルだった | TABLO 

またシングルでは未だに「ヘビーローテション」などがカラオケで歌われていますが、古参に聞いてみると「初日」「チームB推し」「桜の花びらたち」が人気です。因みに筆者は「心の羽根」(チームドラゴン from AKB48)ですが、このメンバー前田敦子、大島優子、渡辺麻友、高橋みなみ、板野友美、柏木由紀、小嶋陽菜がベストだとあくまで個人的に感じています。

 

 

と、このように語り出すと切りがないAKBですが、確かに彼女たちには「物語」があったように思います。そこがファンの心をつかんだ理由でしょう。そして乃木坂に逆転された現在もそのストーリーは続いているのです。
コロナ禍で劇場に入れないものの、

「どんなに売れても ここで歌っています」(「チームB推し」より)。

これが原点でしょう。そしてこのマインドを忘れてはいけないのでしょう。特に村山彩希(チーム4キャプテン)の劇場パフォーマンスはAKBの歴史を正統的に後継していると言えます。

コロナ禍で握手会も公演も控えなければいけない中(全てのアーティストに言える事だが)新作ゲーム「AKB48 WORLD」を発表。8月にはメンバーによる配信番組企画が開始。AKB48公式YouTube チャンネルにてティザームービーの公開いたしました。公開されたティザームービーには、AKB48 メンバーの⼩栗有以、柏⽊由紀、村⼭彩希、⼭内瑞葵が登場。

「AKB48 WORLD」では「あなたこそ、神プロデューサー」というコンセプトでプレイヤーが「新⼈アイドルAKB48」のプロデューサーとなり、メンバーたちが新⼈からスターダムに駆け上がるまでの過程をプロデュースし、彼⼥たちのドラマチックな成⻑を⼀緒に体験できるようです。プロデューサー登録(ゲームの事前登録)は 8月19日から。AKBの魅力の一つとして「推しメンの成長物語」を一緒に体感するという点があります。これらの詳細情報やゲームに関する最新情報は、本⽇スタートした公式アカウント(@AKB48Wofficial)から発信するようです。

祝! 選抜シングル初センター AKB48・チーム8 小栗有似(16)インタビュー&動画 | TABLO 

乃木坂を逆転する日は来るのか―ー。オリンピックのマラソンに例えるとトップを走っていたランナーAKB48が乃木坂46に追い越された。そこから離されていくのか。それとも奇跡の逆転があるのか―ー。両グループの活躍を見守っていこうと思います。(文@編集部)


関連記事リンク(外部サイト)

「松本人志を表示しない方法を教えて」 Amazonプライムが300円お詫びクーポン券発送
日テレ24時間テレビに重大なヤラセ疑惑 タイで行った“東日本大震災の死者を弔う祭り”は金を払って人々を集めたデッチ上げだった!
タピオカ・ミルクティーを飲み続けた結果、死を覚悟した女性 今から恐ろしい話をします

access_time create folderエンタメ
local_offer
TABLO

TABLO

[TABLO]は「偉そうなヤツ、だいたい嫌い」をキャッチコピーとした反権力ニュースサイト、久田将義責任編集。芸能・社会・政治・カルチャー・オカルトなど完全オリジナルの記事を毎日配信。

ウェブサイト: https://tablo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧