メモアプリ「Evernote」がGoogleカレンダーと連携可能になってパワーアップ!

access_time create folderデジタル・IT

「すべてを記憶し、好きなことを実現する」ための生産性アプリであるEvernoteは、新機能および新プランのラインナップを発表しました。これにより、これまでよりもさらに効率的な情報整理とワークフロー管理が可能になります。

タスク機能が追加

そもそもEvernoteとは、世界中で利用される「メモアプリ」。急にひらめいたアイデアを書き残したり、買い物のメモなどに使用したりすることができます。テキストだけなく画像や動画、PDFファイルなども保存することが可能です。

そんなEvernoteの中核であるノート機能に、今回は新しくタスク機能、Googleカレンダーとの連携、ホーム画面ウィジェットが追加されました。同社によると「情報をただ整理するだけでなく、アクションへとつなげやすく」なったそう。具体的には、ノート内で直接 ToDoリストを管理して進捗や期限をトラッキングできるだけでなく、必要な情報が簡潔に整理されて表示されるため、本当に大切なことに集中できる環境が整います。

タスク機能では、個々のノート内に直接タスクを作成し、それをタスクビューで一覧化して表示可能に。つまり「実行すべきこと」と、「そのために必要な情報」の橋渡しを行います。また、今回のリリースの一環として、タスクを他のEvernoteユーザーに割り当てる機能も利用可能になりました。

Googleカレンダーと連携可能に

見逃せない点は、EvernoteとGoogleカレンダーの連携により、予定とノートがリンクできるようになったこと。これにより、議事録や日程表など、個々の予定に関するノートを作成したり探したりする作業がシームレスに行えます。また、予定にノートが加わることで、何がいつ、なぜ実行されたのか詳細を簡単に確認し、参加者や場所、アイデアや意思決定の内容、アクションアイテムと一緒に管理できます。

さらに、ホーム画面では、カスタマイズ可能なカレンダーウィジェットにより、Evernoteを離れることなくスケジュールを確認したり、カレンダーから直接ノートを作成したり、作成したノートにアクセスしたりすることも可能です。

EvernoteのCEOであるイアン・スモール氏は「皆様の外部脳となるという当初のビジョンを実現するため、私たちは情報整理のさらにその先へと前進しました。(中略)Evernoteは、ユーザの皆様がそれぞれのプロセスを効率化し、好きなことを実現するための行動に集中できるようにサポートする良きパートナーでありたい」と話しています。

PR TIMES

(文・Takeuchi)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧