オランダのスタートアップが市販の超電導量子プロセッサを発表!

access_time create folderデジタル・IT

量子プロセッサと周辺ハードウェアを開発するオランダのスタートアップ、QuantWareは、市販の超伝導量子プロセッサ(QPU)を発表しました。

従来のコンピュータとは桁違いの演算能力をほこる量子コンピュータが、AIやサイバーセキュリティの強化など、幅広く活用されようとしています。ただし、いまのところ「量子超越性」を達成するには大型の量子コンピュータが必要です。

QuantWareは、GoogleやIBMといった大手テック企業の独壇場となっているこの領域を、多くの企業や研究機関、学術機関に開放しようと考えています。

超電導量子プロセッサ市販は世界初

量子ビットに超伝導素子の電荷を利用した、超伝導方式による量子プロセッサの市販は世界初。同方式は、光やイオントラップといったほかのゲート方式に比べてスケーラビリティやカスタマイズ性が高く、実用的な量子コンピューティングアプリケーション候補として有力視されています。

ちなみに、2019年にGoogleが量子超越性を達成したのも超電導QPUです。

QuantWareが発表した「Soprano」は5キュービットの超電導QPUで、各キュービットは99.9%の忠実度を実現しています。企業や研究機関が独自にQPUを開発するには膨大なコストや時間がかかるため、既製品が入手可能になれば量子コンピュータの開発が加速する可能性があります。

量子ビット数の向上と生産能力の拡大を目指す

QuantWareは、量子エンジニアとデルフト工科大学の卒業生が2020年に立ち上げた企業で、プレシードラウンドで115万ユーロ(約1億5000万円)の資金調達に成功しています。

QuantWareのQPUは、量子コンピュータの開発を加速するのを目的とした「IMPAQT」プロジェクトですでに利用されているようです。

今後QuantWareは、QPUの量子ビット数を増やすとともに、生産能力やパートナーシップの拡大も計画しています。

参照元:QUANTWARE LAUNCHES THE WORLD’S FIRST COMMERCIALLY AVAILABLE SUPERCONDUCTING QUANTUM PROCESSORS, ACCELERATING THE ADVENT OF THE QUANTUM COMPUTER./ QUANTWARE
(文・山田洋路)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧