プロが目利きした高級フルーツを贅沢に使った新食感フルーツどら焼き!和風フルーツパーラー「EBISU 青果堂」オープン

access_time create folderグルメ
プロが目利きした高級フルーツを贅沢に使った新食感フルーツどら焼き!和風フルーツパーラー「EBISU 青果堂」オープン

創業90年を超える青果問屋「島田青果」から、一般にはあまり流通していない高級フルーツを一番美味しく味わえるタイミングで厳選して仕入れ、フルーツどら焼きなどを提供する和風フルーツパーラー「EBISU 青果堂」が2021年7月7日(木)恵比寿エリアにニューオープンする。

一番の注目は従来のどら焼きの概念を覆す新食感のフルーツどら焼き。「いちご×あずきホイップ」、「シャインマスカット×白あんホイップ」など、各フルーツの素材の味を最も引き立てるクリームとフルーツの組み合わせを試行錯誤し開発。パティシエ歴20年の職人が10種類以上のクリームベースを細かく調整し、完成に至ったクリームは、絶品。牛乳をふんだんに使い、バニラビーンズが香るとろとろのカスタードと味を壊さない優しいホイップの絶妙な調和を感じられる。また、あんこはオーガニック農法にこだわり、化学肥料や農薬を使わない有機JAS認定のオーガニック餡を使用。主役であるフルーツの風味を損なわないように甘さを控え、滑らかで優しい仕上がりになっている。そして生地には、どら焼き特有のパサつきを抑え、厚みがありつつも軽さを感じる“どら焼き しっとり”と、独自の配合をした粉で多くの人が好む和の食感を実現した“どら焼き もちもち”の2種類から選ぶことができる。

今回はプレス用に頂いた4種類のフルーツどら焼きを紹介。群馬県産のいちご“おぜあかりん”を使用した2種類と、静岡県産のメロン“クラウンメロン”、宮崎県産のマンゴー“アーウィンマンゴー”を使用した見た目も鮮やかなフルーツどら焼き。食べ比べてみると“しっとり生地”と“もちもち生地”の食感の違いが感じられる。“しっとり生地”は口当たりが軽く、中のクリームやあんこ、フルーツをダイレクトに楽しむことができる。逆に“もちもち生地”は餅粉や白玉粉を使用しているため、もちもちした食感がクセになる新食感のどら焼きに仕上がっている。いちごの酸味やマンゴー・メロンの甘味に、生地、クリーム、あんこの絶妙なバランスが素晴らしい逸品。

フルーツどら焼きの他にも、一級品の国産厳選フルーツのみを使用した「ぱふぇ」や「硝子寒天(フルーツゼリー)」、また既存のシロップを一切使用せず、果汁そのものを味わうことができる夏季限定「白桃夏氷」などこだわり抜いたメニューも登場。プロが目利きした旬の高級フルーツをふんだんに使用したスイーツは、口にすれば老若男女問わず、思わず笑顔になりそうだ。


画像左:いちごぱふぇ/白桃夏氷/シャインマスカットぱふぇ
画像中央:硝子寒天(フルーツゼリー)  画像右: 真珠寒(パンナコッタ)※冬季限定

※フルーツは一番美味しく味わえるものを取り揃えているため、産地、銘柄をその時々により変更あり


関連記事リンク(外部サイト)

熱海の行列店「熱海おさかな食堂」が御殿場プレミアム・アウトレットにオープン
茨城県鉾田市が今話題の“キャンプ”に焦点を当てた台本なしのフルアドリブ WEB 動画を公開
地酒堪能シリーズ34 〜真澄 スパークリング Origarami〜

  1. HOME
  2. グルメ
  3. プロが目利きした高級フルーツを贅沢に使った新食感フルーツどら焼き!和風フルーツパーラー「EBISU 青果堂」オープン
access_time create folderグルメ
local_offer
舌肥

舌肥

「舌肥」は、舌が肥えた皆様にも満足いただける優良な情報を発信いたします。 またグルメに限らず「目」や「耳」など五感にグッとくるようなカッコイイ、カワイイ場所やアイテム情報など積極的にお届けいたします。 定期的に魅力的なアイテムをプレゼントする企画も実施いたしますので、ご注目ください!

ウェブサイト: https://www.shitakoe.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。