「うれしそう」「納豆も食べたのかな?」 来日したセルビアのドラガン・ストイコビッチ監督が鮎の塩焼きを堪能

access_time create folderエンタメ

2021年6月11日のキリンチャレンジカップでサッカー日本代表と対戦するセルビアのドラガン・ストイコビッチ監督。日本ではJリーグ・名古屋グランパスで選手・監督として所属していたこともあり、岐阜の鮎の塩焼きを嬉しそうに食べていることが度々話題になっていました。

今回の来日でも、Jサポーターの間では“ピクシー”が鮎の塩焼きを食べられることができたのか気になっていたところ、在日セルビア共和国大使館Twitter公式アカウント(@SRBinJapan)が、次のようにツイート。

ストイコヴィッチ監督は #鮎の塩焼き が大好物。滞在先のホテルで久しぶりに初夏の味覚を堪能したようです

鮎が4匹乗った皿を前に満面の笑みの“ピクシー”。以前にはグランパスのキャンプで鮎を10日間で35匹食べる程の好物。今回の来日でも、変わらぬ日本愛溢れるコメントを発しており、ファンからは「うれしそう」「だいぶ太ったな」「納豆も食べたのかな?」といった声が上がっていました。

グランパス監督時代の2009年に転がってきたボールをピッチからゴールに蹴り込み退席処分になったこともある“ピクシー”は、日本代表戦について会見で「ベンチからゴールを狙っているので、期待してください」と冗談を飛ばす余裕のコメントを残してます。日本代表にとっては難しい試合になりそうです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/SRBinJapan [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧