シバターさん ゆたぼんが「面白い実験の動物」として見られていると指摘 パパには「なに息子を使って金儲けしてんだよ、間違ってるぞ!」

access_time create folderエンタメ

今年3月に小学校を卒業、中学校も不登校を宣言した少年革命家のYouTuber・ゆたぼん。
ひろゆきさんやメンタリストDaiGoさんが、不登校や施されている教育について疑問を呈す一方で、茂木健一郎さんはゆたぼんを擁護。「ゆたぼんのパパ」こと中村幸也さんも反論するなどして、ネット上を中心に議論となっていた。

いわゆる”物申す系”のYouTuberで格闘家のシバターさんは、4月12日に
「ゆたぼん君に学校の良さを伝えたい」
という動画を投稿し、友人ができる等の「学校の良さ」について語る。
それに対しゆたぼんは14日に
「聞けシバター」
という動画を投稿、「シバターさんのは『昭和のおっちゃんの考え』で古い」といったような反論を行っていた。
それを受け、シバターさんは18日に


ゆたぼん、わかったよ、君は学校に行かなくていい
https://www.youtube.com/watch?v=7ENP_6YKWBU[リンク]
という動画を投稿した。
「ゆたぼん。君のアンサー動画を見たよ。わかった、君は学校に行かなくていい。ただ、後で『学校に行っときゃよかった!』って後悔するなよ」
と、自身の楽しかった修学旅行の思い出などを語るシバターさん。
「君は芸人になりたいんだろ。才能がなかったらなれないぞ。なれなかった場合、どうするんだ? 将来。YouTuberとして食っていく気か? 登録者13万人しかいないんだろ?」
と、将来の選択肢が狭まると指摘。また、
「高校生の年齢になれば”変わり者”でもなくなり、全然注目されなくなる。他の中卒の人と比べて、小・中学校に行ってないから教養がなくて、知識がなくて、協調性がないというだけ。いいのか?」
「耳が痛いことを言ってる人をアンチだと言ってるけれど、耳障りのいいことを言って、君を持ち上げてる人がアンチだよ。君のことを実験対象として見てるよ? 小・中・高と教育を受けさせず、野に放ったらどうなるのかという。面白い実験の動物として見てるから、甘い言葉でささやくんだよ。それわかってる?」
と語る。
そして「最後に、ゆたぼん君のパパに」と
「なに息子を使って学校に行かせないで、YouTubeで金儲けしてんだよ。セミナーしてんだよ。間違ってるぞ!」
と厳しく批判していた。

※画像は『YouTube』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧