選手が見せる「悔し涙」の意味・・・日ハムOB・西崎氏も注目するルーキー伊藤の存在

access_time create folderエンタメ
選手が見せる「悔し涙」の意味・・・日ハムOB・西崎氏も注目するルーキー伊藤の存在

 開幕から低空飛行が続く日本ハムでドラ1ルーキー、伊藤大海投手(23)が見せた、ある姿に注目が集まっている。

・今すぐ読みたい→
ミスター・ファイターズがハム主砲・中田に金言!「怪我をしたのはマイナス。でも・・・」自身の裏話も披露 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukiotanaka-talks-about-shonakata/

 伊藤が躍動したのは7日のソフトバンク戦。最強打線を誇るソフトバンク相手に7回を投げ4安打3失点11奪三振。特に5回は無死一、三塁のピンチに中村晃、松田、甲斐を圧巻の三者連続三振に仕留めてみせたのだ。
 
 結局は7回に守備のミスも絡んで逆転を許した場面で降板となったことで「何とか連敗を止めたいという気持ちでマウンドに上がりましたが、最終的にリードを許しての降板となってしまい、ただただ悔しい気持ちです」と試合後もベンチに残り「悔し涙」を流す場面も。これにはネット上からも「落ち込むことないぞ」、「心が痛んだ」とルーキーながら責任感の強さを感じさせる姿に共感の声が多く届いた。

 投手がマウンドの上で「悔し涙」を流す姿といえば、上原浩治投手(巨人―オリオールズ―レンジャーズ―レッドソックス―カブス―巨人)の『涙の敬遠劇』がよく知られている。

 巨人在籍時の1999年10月5日、対ヤクルト戦(東京ドーム)。当時、チームメイトだった松井秀喜とヤクルト・ペタジーニが激しい本塁打王争いを繰り広げていた。追いかける松井をアシストするために、ペタジーニの3打席目、巨人ベンチがマウンド上の上原に敬遠を指示。四球を実行した上原は、マウンドを蹴り、悔し涙を流した。大観衆が見守る中で、人目ををはばからずに流した涙は『プライド』の表れでもある。

 当時ルーキーだった上原氏がその後、日本、メジャーで残した輝かしい実績は言うまでもない。そんな負けん気の強さを示した黄金ルーキーだけに球団OBも注目している。

「伊藤はここまで2試合投げて、2試合ともゲームを作っているので今後も期待したい」と日本ハムOBの西崎幸広氏(57)は語る。今季の日本ハム投手陣はエースの有原がメジャーへ流出したことで上沢が軸となると見られているが、ここまでは今一つ波に乗れてないとあって、起爆剤としても期待が高まる。
 
 球団として初めて地元・北海道からドラフト1位で入団した選手となる。最速156キロの速球にカット、ツーシーム、カーブ、2種類のスライダー、フォーク、チェンジアップと多彩な変化球を操る右の本格派。今度はお立ち台での嬉し涙を見たいところだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


関連記事リンク(外部サイト)

ミスター・ファイターズがハム主砲・中田に金言!「怪我をしたのはマイナス。でも・・・」自身の裏話も披露
1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは?
平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧