AI自動追尾カメラがウェブカメラサイズになった「OBSBOT Tiny」 Makuakeで応援購入プロジェクトが公開中

access_time create folderデジタル・IT

REMO TECH(レモテック)は、AI自動追尾カメラ「OBSBOT Tiny」の応援購入プロジェクトをMakuakeで公開。記事執筆時点で目標の1400%を超える747万円以上の支援を集めています。

水平±150°、上下±45°の範囲で稼働する2軸ジンバルを搭載し、AI制御により被写体が中心に収まるように追尾するカメラ。

2019年に発売され、ダンスやスポーツの撮影などで注目を集めた「OBSBOT Tail」をウェブカメラサイズに小型化した新モデルです。高さは89.5mm、重量は146gと小型・軽量で、パソコンのモニターの上に載せて使用が可能。USB Type-Cケーブルで給電します。

ターゲットのロックとキャンセル、2倍ズームインとズームアウトといった基本操作がハンドジェスチャーで実行できる機能を持つのも特徴。オンライン会議やビデオ通話、オンライン講義、ライブ配信などで活躍します。

200万画素カメラは、1080p/30fpsの動画が撮影可能。カフェや屋外でもユーザーの声をクリアに拾える、ノイズキャンセリング機能付きマイクを搭載します。

記事執筆時点で、24%OFFの1万9980円(税込み)で購入できるコースと2台セットが28%OFFの3万7850円(税込み)で購入できるコースが公開中。プロジェクトは4月16日まで公開され、支援者には2021年5月末までの出荷を予定しています。

OBSBOT Tiny 日本上陸(YouTube)
https://youtu.be/OcABGab6GPU

Makuake|オンライン会議・ウェビナー革命!自動追跡できるウェブカメラOBSBOT Tiny|マクアケ – アタラシイものや体験の応援購入サービス
https://www.makuake.com/project/obsbot_tiny/

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧