Fujisawa SSTにて、小型ロボットによる複数店舗から住宅への配送サービスを検証

access_time create folderデジタル・IT

パナソニック株式会社は、株式会社アインホールディングスおよびFujisawa SST協議会とともに、Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)にて、小型低速ロボット(UGV)を活用したエリア内の店舗から住宅への配送サービスの実証実験を実施する。

同実験は、2021年3月5日~26日の期間中の木曜日と金曜日に2台のUGVを稼働させ、「アイン薬局 FujisawaSST店」から処方箋医薬品を、商業施設「湘南T-SITE」から冷蔵品の弁当を届けるというものだ。

1人で複数台を遠隔監視・制御

アイン薬局からの医薬品は、電話などで医師の診察を受けた患者に対し、同薬局の薬剤師によるオンライン服薬指導を行ったあと配送される。これにより、診察・服薬指導・医薬品の受け取りまでが非対面で完結するだろう。

この医薬品および湘南T-SITEの弁当は、住民が予約した日時に配送されるとのことだ。

UGVは、アイン薬局と湘南T-SITE駐車場付近からFujisawa SST住宅街区内の公道を自動走行する。走行時には、パナソニックの佐江戸地区に設置した遠隔管制センターから1人のオペレーターが監視・制御を実施。UGVの自動走行が困難な状況になった場合は、遠隔操作に切り替えるという。また、オペレーターはUGVを通じて周辺の人との対話が可能なため、必要に応じて円滑な商品受け取りなどをサポートするとのことだ。

なお、1人のオペレーターが複数のロボットを同時に遠隔監視し、公道を自動走行させるのは国内初の試みとのこと(2021年3月4日時点)。

Fujisawa SSTでの取り組み

パナソニックは、2020年11月よりFujisawa SSTでのUGVによる住宅街向け配送サービスの実証実験を実施し、公道走行時の技術検証および課題抽出を行ってきた。そしてこのたびの検証で、エリア内の店舗と住民をつなぐ配送インフラ構築に向けた取り組みを加速していく。

パナソニックら18団体と藤沢市が推進するまちづくりプロジェクトFujisawa SSTは、社会や地域の課題解決に寄与する新サービス創出を目指し、持続可能なまちづくりに取り組むリアルなスマートタウン。UGVによる配送サービス実装をはじめ、同プロジェクトの先進的な取り組みに今後も注目していきたい。

PR TIMES

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧