ソフトバンクから5G対応の折りたたみ端末2機種 モトローラ「razr 5G」とレノボ「ThinkPad X1 Fold」5Gモデルを発売へ

access_time create folderデジタル・IT

ソフトバンクは3月4日、モトローラ・モビリティ・ジャパンが販売する5G対応の折りたたみスマートフォン「razr 5G」、レノボ・ジャパンが販売する折りたたみ式モバイルPC「ThinkPad X1 Fold」の5Gモデルを発売することを発表しました。

razr 5Gは、6.2インチの大画面を半分に折りたためるスマートフォン。メタルとガラスの素材を採用し、先進的な機能を搭載したプレミアムセグメントの製品です。

背面側に搭載する“クイックビューディスプレイ”では、閉じたままの状態で電話の発信やメッセージの送信、セルフィー撮影などの操作が可能。モトローラの端末では初めて5Gの通信に対応します。

OSはAndroid 11。CPUにQualcomm Snapdragon 765G、8GBメモリー、256GBストレージを搭載するパワフルなスペック。

光学式手ブレ補正(OIS)を搭載する4800万画素のカメラは、4画素を1画素に結合するクアッドピクセルテクノロジーを採用。光量が少ない場所でも鮮明な撮影が可能。インカメラは2000万画素で、ポートレートモード、ナイトビジョン、スポットカラーなどの撮影モードを用意しています。

クイックビューディスプレイを利用してスワイプ操作でアプリやショートカットにアクセスできる他、本体を振り下ろす操作でフラッシュライトを操作したり、手首をひねってカメラを起動するなどのモーション操作にも対応します。

3月下旬以降の販売開始予定で、価格は19万8000円(税込み)で、ソフトバンクのトクするサポート+を適用して半額程度に。発売を記念して、BEAMSデザインの限定Tシャツを先着1000名にプレゼントするキャンペーンを実施します。

レノボが2020年10月に発売したThinkPad X1 Foldは、5Gモデルがソフトバンクから発売。13.3インチの折りたたみ有機ELディスプレイを搭載し、CPUにインテル Core i5、8GBメモリー、512GBストレージを搭載。3月17日の発売予定で、3月5日から予約受付を開始。価格は40万2480円(税込み)で、トクするサポート+を適用して半額程度になります。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧