「鳩」の襲撃に遭う!? 京都・六角堂でヒヤリ体験

access_time create folderエンタメ
京都の中心部、オフィス街のど真ん中に、その京都最古の寺がある。「六角堂」の名で知られる、紫雲山頂法寺だ。

この六角堂を創建したのは聖徳太子、と言っただけで、その歴史の古さが実感できるはず。794年の平安京遷都よりも、もっと昔からずっと存在し続けてきた。

IMG_6196

ビルと住宅地の間に山門がある。それほど大きくはないものの、存在感は抜群だ。

そして、六角堂は「鳩」の寺としても知られる。鳩が、寺の境内に多くいるからだ。いつ行っても、たくさんの鳩に遭遇することでおなじみ。

IMG_6202

訪れた日は寒かったのもあり、境内に人はまだらで、鳩もほとんどいなかった。「鳩がいない、こんな日もあるのか・・・」と、正直思ったほど。

しかし、その直後、たくさんの鳩が一斉に、自分のところに飛んできた。まるで、ヒッチコック監督の名作『鳥』の如く、鳥たちが人間に襲いかかってくる、とまではいかずとも、急に鳩が自分のまわりにたくさん飛んで来たら、けっこう恐怖だった。

なぜ、自分の周りに来たのか。手に、さっき買ったばかりの「パン」がたくさん入ったカバンを持っていた。おそらくそのパンの香りを嗅ぎつけたのだろう。ちょっと歩くと、鳩も自分のあとをそぉぉぉっと追いかけてくる。この鳩たち、確実に人間に慣れていた。
 
IMG_6203

手にパンを持ったまま長居は危険と、一時、社務所に避難した後、もう一度外へ出た。

境内で見かけた「鳩」がモチーフの絵馬がまたかわいかった。また「鳩みくじ」も売られていて、これもお土産に良さげだった。そう、鳩は本来かわいい鳥なのだ。ほかにもグッズがいろいろ売られていたので、鳩が好きならぜひ六角堂へ。

IMG_6195

そもそも、なぜ「六角堂」を呼ばれているのかは、境内の中央にある御堂を上から見ると、よくわかる。隣接するビルのエレベーターから、ガラス越しに眺めることができる。

御堂が、六角形の形をしている。これはなかなか珍しい。

IMG_6206

六角堂は、鳩以外にも見どころは多い。その1つが、境内にある「へそ石」だ。

これは、京都の中心が六角堂にあることを示す石。また、祇園祭の山鉾巡行の順番を決めるくじ取り式が、江戸時代末まで六角堂で行われていた。京都の人々にとって、六角堂こそ京都の中心だという。「いけばな発祥の地」でもある。

IMG_6199

六角堂の北側に「聖徳太子が身を清めた」と伝わる池の跡も残る。

京都の中心と言われるだけあり、アクセスも良く、スターバックスも隣接している。まさに、都会のオアシス。たくさんの鳩も出迎えてくれるが、くれぐれも食べ物を持参して参拝へ行くのだけは避けてほしい。

IMG_6198

『六角堂』紫雲山 頂法寺

https://www.ikenobo.jp/rokkakudo/

(Written by AS)

 

 

「鳩」の襲撃に遭う!? 京都・六角堂でヒヤリ体験
access_time create folderエンタメ
local_offer

Nicheee!(ニッチー!)

テレビ番組のリサーチャーによる情報サイト。 テレビ番組におけるネタ探しのプロが蓄積された知識とリサーチノウハウを武器に、芸能、雑学、海外、国内ご当地、動物など多岐に渡るジャンルをテレビ番組リサーチャー目線で発信しています。

ウェブサイト: http://www.nicheee.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧