出版不況極まれり アノ大手出版社、またも契約記者に原稿料遅配か 誰もが知る“有名週刊誌”がなぜ……

access_time create folderエンタメ
出版不況極まれり アノ大手出版社、またも契約記者に原稿料遅配か 誰もが知る“有名週刊誌”がなぜ……

赤文字雑誌『JJ』が休刊になったり、出版不況という言葉を書く事自体、うんざりするほどです。そして以前、当サイトで老舗週刊誌が記者への原稿料遅配を報じました。聞くところによると、当該記事のおかげかどうか不明ですが、何とか支払われたとのことでした。老舗のメンツにかけてもそこは、死守したといった所でしょうか。雑誌業界が低迷しているのはこの業界ならずとも言われている事です。

緊急事態宣言で泣く飲食業界 コメンテーター達もスーパーカーに乗って高級セレブマンションに住んでいたら視聴者目線で語れせんよね | TABLO

 

 

社名や雑誌名を出さなかったのは当サイトも紙媒体を応援しており、というか紙媒体出身の人間たちが主にやっているサイトですから、恩義を感じている訳です。

あの雑誌・週刊誌が休刊になるのではないか―ー。そんな噂が流れるのは、原稿料の遅配です。ライター、契約記者、カメラマンなど外注によって半分は成り立っている週刊誌にとって原稿料、取材費の支払いは当然のこと。

が、本サイトが報じた、また同じ大手出版社が原稿料の遅配に陥っているようです。

本サイトが入手した内部資料によると、誰もが知る週刊誌二誌の名前が表示されており、支払日が記されており、原稿執筆時点(26日時点)においては支払われた模様。

問題は来週、再来週号の支払い日です。契約記者たちが不安になっているという情報が入ってきています。かつては、タクシー券使い放題、飲んでみ取材費として計上された時代とは明らかに違う様相。かつてはそれでネタを取ってきて、スクープも飛ばしてきました、この週刊誌は。契約記者も優れた人はたくさんいます。が、先立つものがなければスクープどころか取材も出来なくなります。

 

 

老舗週刊誌二誌については、引き続き頑張ってくださいというエールを送ると同時に、もしかしたら景気の良い時の殿様商売がまだ続いてしまっているのかなと危惧をしております。(文◎編集部)

関連記事:女性ファッション誌『JJ』が終了 赤文字系雑誌のパイオニアも赤字で惨敗 「お高く止まって読者と乖離してた」と関係者談 | TABLO


関連記事リンク(外部サイト)

「松本人志を表示しない方法を教えて」 Amazonプライムが300円お詫びクーポン券発送
日テレ24時間テレビに重大なヤラセ疑惑 タイで行った“東日本大震災の死者を弔う祭り”は金を払って人々を集めたデッチ上げだった!
タピオカ・ミルクティーを飲み続けた結果、死を覚悟した女性 今から恐ろしい話をします

access_time create folderエンタメ
local_offer
TABLO

TABLO

[TABLO]は「偉そうなヤツ、だいたい嫌い」をキャッチコピーとした反権力ニュースサイト、久田将義責任編集。芸能・社会・政治・カルチャー・オカルトなど完全オリジナルの記事を毎日配信。

ウェブサイト: https://tablo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧